大阪の江戸堀コダマビル

c0112559_1555570.jpg
 数年前この近くの事務所に通っていたので、毎日この前を通っていました。当時1階はイタリアンレストランでしたが、私には縁がなく、素通りして地下鉄肥後橋駅の近所の居酒屋に直行したものです。当時からお洒落な建物と思っていましたが、新しそうに見えたので、昭和初期のものとは気づきませんでした。

 スペイン瓦を使って、ちょっとヴォーリズ建築っぽいスパニッシュスタイルですが、理由は設計・施工がヴォーリズ氏の建物を多く手がけた岡本工務店でした。
この両者の建築作品は、この通りを少し西に行ったところにある大阪教会、さらに堺市の近江岸邸、今は現存してないプール学院清心館などがあります。

 現在は江戸堀コダマビルと呼ばれ貸しスタジオとして使用されていますが、元は戦前、綿布商として成功した児玉竹次郎氏の個人住宅でした。国の登録有形文化財とともに、日本建築学会の要保存建築物に指定されているそうです。
http://nttbj.itp.ne.jp/0664456020/index.html?Media_cate=populer&svc=1303
鉄筋コンクリート造り3階建て、地下1階

江戸堀コダマビル
旧児玉竹次郎邸
1935(昭和10)年 
登録有形文化財
設計 : 山中茂一・岡本新次郎(岡本工務店)
施工 : 岡本工務店
大阪市西区江戸堀1-10-26 
撮影 : 2007.11.25
c0112559_1558422.jpg
c0112559_1559940.jpg
 正面左側にある巨大な石は柱頭で、今は解体された旧日本火災海上保険株式会社大阪支店ビルのものとか。
c0112559_1621187.jpg
 元は住宅だったことをしのばせる1階の窓。2階以上の窓はサッシになっていますが、これは昔のままの木枠。上には小さなステンドグラス。
c0112559_1631160.jpg
 地下室があります。
c0112559_1652547.jpg
c0112559_1653850.jpg
c0112559_1655371.jpg
 玄関を入ると住宅らしい上がり口、廊下と階段があります。昔は靴を脱いで上がったようです。
c0112559_1682636.jpg
c0112559_168399.jpg
 玄関ポーチ側面に少し大き目のステンドグラス。外からと内から。
c0112559_1692843.jpg
 赤いスペイン瓦が印象的。こじんまりしていますが好感のもてる建物でした。
by gipsypapa | 2008-01-09 16:15 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7944489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大阪中央郵便局 大阪のダコタハウス (太平ビル) >>