久留米教会

c0112559_10312466.jpg
 ヴォーリズのルーテル久留米教会を見に行った時に見つけたカトリック教会。なにしろ久留米のメインストリート六ツ門に面して尖塔があるので目立ちます。
 調べてみると献堂はつい最近、13年前ですが、50年前の意匠図に基いて復元改修された教会とか。たまたま聖堂内部をみることができ、素晴らしいので紹介します。

 「この教会の信徒です」さんから1955年築とのご指摘を頂きました。追記します。(2014.4.14)

久留米教会
1955(昭和30)年/1994(平成6)年(改修)
設計 : 不明 / 那の津寿建築研究所(改修)
施工 : 不明 / 藤木工務店(改修)
福岡県久留米市六ツ門町22-43
撮影 : 2006.8.15
c0112559_10402978.jpg
c0112559_1041123.jpg
 大通りからこの尖塔が見えるので存在感抜群。
c0112559_1042142.jpg
c0112559_10423975.jpg
 正面エントランス上部にあるアーチと丸窓を外からと内部から。
 以下美しい聖堂内部をどうぞ。
c0112559_10442820.jpg
c0112559_10444528.jpg
c0112559_10445831.jpg
c0112559_1045124.jpg
c0112559_10452480.jpg
c0112559_10453417.jpg
c0112559_10455131.jpg
c0112559_1046142.jpg
c0112559_10461218.jpg
 カトリック教会らしい荘厳で華麗な聖堂でした。
c0112559_10473851.jpg
 新しい教会で、地元以外にはあまり知られていないようですが、一見の価値があります。

 しばらく続けた福岡シリーズを終わり、次はまた関西に戻ります。
by gipsypapa | 2008-01-05 10:50 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7908589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by この教会の信徒です at 2014-04-13 22:21 x
ご訪問とご紹介ありがとうございます
この教会は1878年よりカトリックの宣教師が来られて、日吉町に教会を設立されました。
その後日吉町に時計塔付きの煉瓦造りの教会として新築されましたが、1945年8月11日空襲によって焼失し、1955年現在の六ツ門町に教会堂が新築移転された。

こちらの記事に書かれていますのは、外壁の塗装工事が近年施された事をさしていらっしゃるのでしょう
どうぞまたおいで下さいませ
  
Commented by gipsypapa at 2014-04-14 09:01
この教会の信徒ですさん、
コメントありがとうございます。
記事に書いた情報は ↓ の藤木工務店のHPが出どころです。
http://www.fujiki.co.jp/worka/purpose/religion.html
もう一度調べました。
確かに1955年に献堂という情報がありました。
http://fukuoka.catholic.jp/kurumech.html
こちらの方が夢があるので、
記事を修正しますね。
<< 大日本住友製薬記念館 福岡のS氏住宅 >>