九州大学医学部基礎研究A棟

c0112559_13332777.jpg
 九州大学病院地区の中心に近い場所に建つ、シンボル。「日」の字型の大型建築で、何気なく見ると現代的に思われますが、昭和初期の築。
 濃い茶色のタイルを用いて縦の線を強調した、当時としては画期的にモダンなデザインだったのでしょう。鉄筋コンクリート造3階建て、一部4階、地下1階。

九州大学医学部基礎研究A棟
旧九州帝国大学医学部第一・第二・第三内科教室及び病室
1931(昭和6)年
設計 : 岩崎圓吾、倉田謙
施工 : 大林組
福岡市東区馬出3-1-1
撮影 : 2007.8.16
c0112559_13411917.jpg
c0112559_13413651.jpg
 残念ながら訪問した時は改修工事中。御覧のように現場は囲いが取り巻いていて近寄れません。興味ある玄関周りや、玄関ロビーを見れませんでした。
c0112559_13441163.jpg
 正面から右側(北側)に移動してもまだ工事中。外壁の改修のようです。
c0112559_13461539.jpg
 このあと見に行った、裏側にある基礎研究B棟から帰る時に、南側の通路を通ることができました。
c0112559_13475052.jpg
 下部はコンクリートにブロック石貼り、茶色のタイルはレンガ型で縦に積んであります。
c0112559_134912100.jpg
 玄関周りもそうですが、中庭にも入ってみたかった建物でした。
by gipsypapa | 2007-12-21 13:51 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7786493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 九州大学医学部基礎研究B棟 九州大学医学部正門守衛所 >>