九州大学旧法文学部本館

c0112559_9552615.jpg
 正門を入ってすぐ左に見える大型の建物。昭和初期に大学本部事務所でしたが、現在は先導物質科学研究所、言語文化研究院箱崎分室、工学研究院附属環境システム科学研究センター、大学文書館、自然科学資料室など多目的に使われています。

 建物は2期に分けて建設され、前面(東側)が1925年(大正14年)、 背面(西側)は1926年(大正15年)に竣工。

 これも倉田謙の設計で、ロ型の中庭を持つ鉄筋コンクリート造、4階建て。

九州大学旧法文学部本館
1925(大正14)年/1926(大正15)年
設計 : 倉田謙
施工 : 岩崎組/佐伯工務所
福岡市東区箱崎6-10-1
撮影 : 2007.8.15
c0112559_1042648.jpg
c0112559_1061866.jpg
 北側側面。工学部なので元々はなかったと思われる配管や排気管が。1階部分は石貼り、2階以上はコンクリートむき出しです。
c0112559_1075751.jpg
c0112559_1082413.jpg
c0112559_1083311.jpg
 西側の背面です。あまり使用されていないような階段がありました。
c0112559_1010334.jpg
 北側に中庭へ入る通路があります。先導物質科学研究所の表札。
c0112559_10104969.jpg
c0112559_10105867.jpg
c0112559_1011781.jpg
 中庭はほとんど使われていないようで蔦が絡んでいます。なぜかパラボラアンテナがありましたが、これにも蔦が。
c0112559_10124929.jpg
c0112559_10125737.jpg
c0112559_1013797.jpg
c0112559_10132979.jpg
 北側正面へ。車寄せのあるエントランスポーチ。4階建てですが、1階は半地下になっています。玄関を入れば2階。
c0112559_10152955.jpg
c0112559_10154561.jpg
 先導物質科学研究所、言語文化研究院箱崎分室、工学研究院附属環境システム科学研究センター、大学文書館、自然科学資料室などの表札。
c0112559_10163942.jpg
 中を覗いてみます。
c0112559_10173170.jpg
c0112559_1017405.jpg
c0112559_10174917.jpg
 正面ドアの上部にある飾りガラス。不思議な模様。なんでしょう?
c0112559_10193796.jpg
 中からエントランスポーチを見ています。
c0112559_1020137.jpg

by gipsypapa | 2007-12-07 10:23 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7653593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 通りすがりの人 at 2008-12-09 21:08 x
自分の自転車が写ってる!!
Commented by gipsypapa at 2008-12-09 22:12
通りすがりの人・・・
どれ?
Commented by 通りすがりのひとです at 2009-04-19 00:33 x
c0112559_1010334の一番手前の左にありコンパクトのタイプです!!
なつかしい!!!!
てか九大というか古典西欧建築お対象性には人間の創造性を越す対象性の美しさがあります!!
Commented by gipsypapa at 2009-04-19 17:20
通りすがりのひとですさん、
??文学的表現には弱い方で・・・(笑)
<< 九州大学アドミッションセンター 九州大学保存図書館・工学部食堂 >>