九州大学保存図書館・工学部食堂

c0112559_14255137.jpg
 特徴的なアーチ型ドームをもつ建物。大学附属図書館として建てられましたが、新たに建てられた中央図書館にその機能を移し、現在は工学関係の書籍の保存図書館になり、西側正面の一部は食堂と学生生協になっています。鉄筋コンクリート造2階建て。

九州大学保存図書館・工学部食堂
旧九州帝国大学附属図書館
1925(大正14)年
設計 : 倉田謙
施工 : 佐伯工務所
福岡市東区箱崎6-10-1
撮影 : 2007.8.15
c0112559_1433573.jpg
c0112559_14333292.jpg
西側にある正面玄関ポーチ。
c0112559_14343363.jpg
 青色をしたアーチ形ドーム。
c0112559_14353037.jpg
c0112559_14354061.jpg
c0112559_14355099.jpg
 北側から側面を。
c0112559_1436446.jpg
 旧機械系教室側から。
by gipsypapa | 2007-12-05 14:39 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7634893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 九州大学旧法文学部本館 九州大学工学部本館 >>