九州大学工学部本館

c0112559_144846.jpg
 正門を入ったら右前に見える大型の建物。九州大学のランドマークです。地味な色合いのタイル貼りですが、正面の塔屋の曲線の使い方などに見どころがあります。これも九州帝国大学建築課長・倉田謙の設計。
 鉄筋コンクリート造3階建て、塔屋は5階。

九州大学工学部本館
旧九州帝国大学工学部本館
1930(昭和5)年
設計 : 倉田謙
施工 : 清水組
福岡市東区箱崎6-10-1
撮影 : 2007.8.15
c0112559_14561184.jpg
c0112559_14564474.jpg
c0112559_14565727.jpg
c0112559_1503483.jpg
特徴的な意匠は東の正面に集中。中央の5階建て塔屋とその左右にも半円形に張り出し部分があり、目を引きます。
c0112559_1511942.jpg
c0112559_1513286.jpg
 建物はT字型。こちらは南面。
c0112559_1523028.jpg
 中央のエントランスポーチも大型です。
c0112559_15318.jpg
 工学部本館はロータリーを挟んで大学本部第1庁舎と対面。
c0112559_1544060.jpg
c0112559_15457100.jpg
c0112559_155591.jpg
 玄関ホールにはステンドグラスがありました。
c0112559_1554986.jpg
 ポーチの両側にあった鳥をかたどった石像。
c0112559_1565948.jpgc0112559_1571151.jpg




















 ポーチの天井にある丸窓と照明器具。
c0112559_1581372.jpg
 玄関床のタイル。
c0112559_1584016.jpg
 背面(西側)から。
c0112559_1591499.jpg
 大学本部第1庁舎から見た工学部本館。実は工学部はすでに伊都キャンパスへ引っ越し済み。今は空き家状態です。これだけの建物ですから、今後も大事に使ってもらいたいものです。
by gipsypapa | 2007-12-03 15:12 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7613742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 九州大学保存図書館・工学部食堂 九州大学本部事務局(本部第1庁舎) >>