九州大学本部事務局(本部第1庁舎)

c0112559_16121763.jpg
 事務局第3庁舎の北に並んで建つ第一庁舎も同時期に建てられ、同様のレンガ造りです。こちらは第3庁舎に比べると大型ですが、デザイン的にはよく似ています。

 この建物は1923年(大正12年)12月に全焼した、 工学部本館(1914年(大正3年)3月竣工)の煉瓦等を再利用して建てられたそうです。工学部仮実験室と研究室として使用されたあと、 1928年(昭和3年)3月に法文学部本館から大学本部事務局が移転し、 現在に至っています。

 数多く残る九州大学の近代建築のうち、この建物しか有形文化財登録(しかも国ではなく福岡県)されていないのは何故なのでしょう。

 福岡市内には元々、近代建築で保存されている件数が少ない上に、有形文化財登録も非常に少ないのです。新しがり屋の博多っ子気質かもしれませんが、残念な気がします。煉瓦造2階建て(一部3階)。

九州大学本部事務局(本部第1庁舎)
旧九州帝国大学工学部第一新館
1925(大正14)年
福岡県登録有形文化財
設計 : 倉田謙
施工 : 佐伯工務所
福岡市東区箱崎6-10-1
撮影 : 2007.8.15
c0112559_16274386.jpg
c0112559_16282332.jpg
正面中央のエントランス。
c0112559_16284356.jpg
 床下の換気口。
c0112559_16303693.jpg
 特徴は中央屋上部にある塔屋のアーチ状装飾。
c0112559_1632137.jpg
 南側の第3庁舎側から側面を。
c0112559_1633154.jpg
c0112559_16332510.jpg
 工学部本館前のロータリーに両翼を広げるように建っています。
c0112559_16351722.jpg
 左が第1庁舎、右側が第3庁舎です。
by gipsypapa | 2007-12-02 16:37 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7603644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 九州大学工学部本館 九州大学事務局第3庁舎 >>