福岡管区気象台

c0112559_1674929.jpg
 福岡市の中心部、大濠公園の南に公園に面して建っている気象台の倉庫。昔はれっきとした中央気象台福岡支台といい、気象台の本庁でした。
 今は、その裏側を走る国体通りの開通で、裏側に本庁が新築されたため、公園側の旧正門が閉鎖され、この建物は倉庫として使われているそうです。
 鉄筋コンクリート造り、2階建て(一部3階)。


福岡管区気象台倉庫
旧中央気象台福岡支台 1939(昭和14)年
設計 : 逓信省
施工 : 清水組
福岡市中央区大濠1-2-36
撮影 ; 2007.8.16
c0112559_16172659.jpg
c0112559_16182124.jpg
2階部分の縦長の窓と各階に配された丸窓が特徴。外壁は落ち着いた色合いのスクラッチタイルを使っています。
c0112559_1620331.jpg
 公園側に木が生い茂っていて、なかなか全貌が見れません。
c0112559_16205116.jpg
 昔、エントランスだった1階部分にはアーチ窓も。
c0112559_1623363.jpg
 国体道路側には新本館(左側に一部写ってます)。建物越しに一部旧本館が見えます。
c0112559_16231589.jpg
 これは真横から見たところ。このアングルは何の変哲もないですね。
c0112559_1625720.jpg
 1枚目とこの写真は大濠公園から。本当はここから全貌が見えるはずですが、御覧のように木が茂って・・・
by gipsypapa | 2007-11-23 16:28 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7514676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 福岡簡易保険事務センター 日本基督教団福岡警固教会 >>