大阪の板谷歯科医院

c0112559_15275947.jpg
c0112559_1529176.jpg 先に紹介した清水猛商店と向きあって建っている小さなビル。知らなかったら見逃しそうですが、スクラッチタイルとコンクリート面を組み合わせ、丸窓とアーチ窓も配して、非対称なファサードを持つ大正末期か昭和初期の近代建築。鉄筋コンクリ-ト造り3階建て。

 南東入口にある「ドクトル 板谷辰次」のプレートは当時からあったもののようです。

板谷歯科医院 1925(昭和元年)ころ
設計・施工 : 不明
大阪市中央区淡路町3-6-12
撮影 : 2007.1.14

c0112559_15344961.jpg
c0112559_1535936.jpg
 1階は店舗として使われています。コンクリートむき出しの前面とスクラッチタイルの後ろ面の組み合わせが変わっていますね。
by gipsypapa | 2007-11-09 15:36 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7382284
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ009 at 2007-11-12 22:03 x
こんばんは。
最初、清水猛商店を見たときにはこの建物のことは全然気づいていませんでした。というか、すぐそばにこのような建物があるとは思ってもみなかったですから。北面がとくに味わいありで玄人好み(?)の建物でしょうか。
Commented by gipsypapa at 2007-11-13 14:15
ひろさん、この建物は目立たないので無理はありませんが、清水猛商店から振り向いたらあるのです。
コンクリートむき出しの部分が、どこにでもある建物に見せてしまうのですが、ちょっと上を見ると面白いのでした。


Commented by ぴろりん at 2008-11-03 00:58 x
うほっ!板谷歯科医院がアップされてるなんて!嬉しいじゃありませんか!看板が新しくなっているのですね。チェックしにいかなくちゃ。10年くらい前までは1階のチューンナップ屋さんは吉野寿司さんの隣あたりにあったんです。なのでもう少しすっきりしていましたが目立つのは今の方ですね(笑)それでは・・・となんですが道修町3丁目角にある「かんてきや要」昔は内科のお医者さんだったと思うのですが何か情報ありませんか?すごく好きな建物なんです。ブログに写真をアップしてありますのでよろしければ見てください。
Commented by gipsypapa at 2008-11-03 09:49
ひろりんさん、
「かんてきや要」のある建物は私も写真を撮っていますが、詳細が分からずアップしていません。
大正期という情報はひろりんさんと同じです。他にも↓
http://chambre.jog.buttobi.net/tanboukouza/index.html
にも写真がありますが、これでも「いつ建てられたか不明なるも大正13年の記録があるのでそれ以前だろう」
としか分からないですねぇ。
それよりひろりんさんのブログでは「シェ・ワダ」が閉店したそうですね。
敷居が高く食事をしたことはありませんが、ぜひ内部を見たかったです。
Commented by ぴろりん at 2008-11-03 21:55 x
有り難うございます。見てきました。やっぱ詳細不明の建物もたくさんありますねぇ。日本短資の建物跡はモダンだけどちゃっちいカフェ?居酒屋?になってました。そのまま使った方が絶対訪れる人、多かったと思うけどなぁ。淋しいですね。清水猛商店は大物を重視される方はあまり取り上げませんが素敵な建物ですね。現役が嬉しいです。シェ・ワダは内装はずいぶん変わっていると書いている方がいました。今度は気易く入れるカフェなどになってほしいです。
Commented by gipsypapa at 2008-11-04 17:18
ひろりんさん、
日本短資の建物跡?初めて聞きましたが今はもうないのですね。
清水猛商店は軒庇を吊っている金具がいいです。
シェ・ワダは解体されないよう祈ります。(^^;;;
<< 三井住友銀行大阪本店 綿業会館 >>