綿業会館

c0112559_14443384.jpg
 大阪では有名な建物です。渡辺節設計で国の重要文化財。渡辺節といえば関西を中心に優れた作品が残っています。すでに紹介した神戸の乾邸は代表作の一つ。
http://gipsypapa.exblog.jp/5583803
ということはこの綿業会館も中が見たいところですが、まだ願いはかなっていません。月に1回内覧可能なのはわかっているのですが・・・
 鉄骨鉄筋コンクリート造6階建て、地下1階、塔屋付。

ネットにあったHPから。内部写真もあります。素晴らしい。
http://www.mengyo-club.or.jp/

< 綿業会館とは・・・。1928年に「日本の綿業 の進歩発展を図るため」という岡常夫氏(当時東洋紡績専務取締役)の遺言で100万 円の寄付を受け、関係業界からの醸出金50万円を加えた150万円を基金に綿業会館建設が決定されました。同時期、大阪城天守閣の再建を望む市民から寄せられ た寄付金も同じ150万円。現在の金額だと60~70億円になるそうです。

 1931年に日本綿業倶楽部の建物として竣工し、翌年1月1日に会館しました。渡辺節氏によって設計されたこの建物のヘッドドラフトマンは村野藤吾氏が担当していました。各部屋はさまざまなスタイルを持っており、世界各国の来賓や、会員の好みに応じて好きな部屋を選んでもらいたいという設計者の配慮によるものです。

 常道として、外観と内部とは同じ方式に統一するのが普通であるのに、なぜ渡辺節氏は、このような建物を計画したのかは「綿業会館の設計と私」と題した文章で以下のように記しています。「会員の好みに応じて好きな部屋で楽しんでもらい、(単一の様式による)不満がいくらかでも解消されると考えたからで、(中略)その結果こうした変った雑多なスタイルの会館が出来上がったわけである」

 大阪大空襲で一面の焼け野原になったなかで奇跡的に綿業会館が焼け残ったのはパトロンの存在と、それにこたえ得る一流の技術があったからだと言われています。1997年には本館が登録有形文化財に指定されました。


綿業会館
1931(昭和6)年
重要文化財
設計 : 渡辺節設計事務所、村野藤吾(設計主任)
施工 : 清水組
大阪市中央区備後町2-5-8
撮影 : 2007.1.14 & 2014.4.1 & 4.26
c0112559_1457344.jpg

c0112559_1458414.jpg
c0112559_1459175.jpg
c0112559_14591377.jpg
 御覧のように休館日。毎月第4土曜日には開放されるそうです。あれっ、玄関のガラスに撮影中の自分の姿が写ってしまった。
c0112559_1501916.jpg
 「社団法人日本綿業倶楽部」と「重要文化財」のプレート。
c0112559_1513644.jpg
 素晴らしいアイアングリル。
c0112559_1521129.jpg
c0112559_1521920.jpg
c0112559_1523065.jpg
 落着いたレンガ色のタイル貼り。ビル自体は大きくありませんが、階毎に異なった形をした窓がいいですね。

偶然通りかかったら、開いていました。美しい内部の写真です。
撮影 : 2014.4.1

c0112559_15242967.jpg
c0112559_15252560.jpg
c0112559_15253968.jpg
c0112559_15255472.jpg
c0112559_1526747.jpg
c0112559_15261924.jpg
c0112559_15263291.jpg
c0112559_1527596.jpg
c0112559_15271875.jpg
c0112559_1527338.jpg
c0112559_15274657.jpg
c0112559_15275897.jpg
c0112559_15281153.jpg
c0112559_15282336.jpg

 つい先日1階のホールまで見てきたばかりですが、そのあとムニュさんから、見学会のお誘いがあり行ってきました。今回は堂々とした公式訪問(笑)なので、心おきなく奥まで素晴らしい内装を見学できました。
撮影 : 2014.4.26


ホール(1F/2F 吹き抜け)
c0112559_10284227.jpg
 この前見た1階ホールを別の角度から。
c0112559_10292587.jpg
c0112559_10294082.jpg

c0112559_8524291.jpg
c0112559_8525539.jpg
c0112559_853795.jpg

会員食堂(1F)
c0112559_10295510.jpg
 1階ホール横にある会員食堂。装飾天井はミューラル・デコレーションというそうです。アーチ窓には透かし彫りのガラスが美しい。
c0112559_1032957.jpg
c0112559_10322471.jpg

c0112559_9553252.jpg

談話室(3F)
c0112559_10365615.jpg
 3階に上がって談話室へ。英国調のルネッサンス初期、ジャコビアン・スタイルだとか。吹き抜け天井や上質の木材を使った階段など、豪華絢爛です。
c0112559_104082.jpg
c0112559_104026100.jpg
c0112559_10405176.jpg
 素晴らしいタペストリーが壁に貼ってあります。京都の泉湧寺の窯場で焼かれたものだそうです。
c0112559_10435911.jpg
c0112559_1144326.jpg

特別室(3F)
c0112559_10441438.jpg
 貴賓室とも呼ばれる特別室。天井や家具は華麗なクイーン・アン・スタイル。
c0112559_10461257.jpg
c0112559_10462580.jpg
c0112559_10463752.jpg
c0112559_10465081.jpg

会議室(3F)
c0112559_1047578.jpg
 特別室とドアを介して続き部屋の会議室は通称「鏡の間」。装飾が少ない部屋ですが、天井照明などセンスがいいデザイン。パンフレットによるとアンピール・スタイルと言われるとか。
c0112559_10513044.jpg

c0112559_8563427.jpg

c0112559_10514829.jpg
c0112559_1052499.jpg

グリル(BF)
c0112559_10524049.jpg
 地下にあるグリル。モザイクタイルが見所。
c0112559_1054247.jpg
c0112559_10541640.jpg
c0112559_1054303.jpg

c0112559_10521856.jpg

c0112559_10545064.jpg
 昔のままの鉄扉がるエレベータに乗って7階へ向かいます。
c0112559_10561129.jpg

大会場(7F)
c0112559_10564896.jpg
 7階の大会場はヴォールト天井のすっきりとしたデザイン。アダム・スタイルというそうです。
c0112559_10585934.jpg
c0112559_10591768.jpg
c0112559_10593496.jpg
 1階のエレベーター横にある郵便箱。上の階から投げ込まれた郵便物がここに落ちてくるようになっています。
c0112559_11102623.jpg
c0112559_11104119.jpg

by gipsypapa | 2007-11-01 15:08 | 建築 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7309829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゼク at 2009-01-26 21:22 x
初めまして!どうもこんにちは!!
僕もちょうど昨日この建物を撮影してきました。日曜日で中には入れなか
ったですが重厚感があり素晴らしかったです。
僕は大阪在住で旧い建物が好きなことから昨年の12月から御堂筋で
撮り出しました。
そしてこんな素晴らしいBLOGがあることを知り早速コメントでご挨拶に
参りました。
まさに僕から見たら宝物のようなBLOGです。
これからじっくり見させていただきます!これからも拝見させていただきます!
Commented by gipsypapa at 2009-01-26 22:52
ゼクさん、
初めまして。いらっしゃいませ。
私も大阪なので最初は大阪から始めました。その後、京都、神戸と広がり、
今は全国各地を歩くきながら建物を見て回るのがのが趣味です。
もともとはヴォーリズ設計の建物がきっかけでした。
最近はネタ切れになっていますが、「ヴォーリズを訪ねて」の方も見てくださいね。
今後ともよろしくお願いします。
ゼクさんのブログをちょっと見せてもらいましたが、写真が上手ですねぇ。
私ももう少しうまくなりたいです。
Commented by ゼク at 2009-01-26 23:06 x
どうも早速のお返事ありがとうございました。
大学の同期が「一粒社ヴォーリズ建築事務所」に勤めておりました。
何年か前に退職したと思いますが・・・・・。
僕の場合、建築物の中には入ってないんですよね・・・・・・。
ダイビルももう壊されるらしいですが是非中に入って撮りたいです。
時間が許す限り最初から見て勉強させていただきます。
何を隠そう、旧い建築物が好きで大学は建築学科に進んだ割には
不勉強で何も知りません。今更ながらにやはり大正昭和の建築物には
只ならぬ情熱があると感じます。
今度ともよろしくお願いします!
Commented by gipsypapa at 2009-01-27 09:38
ゼクさん、
建築学科ですか。そして一粒社ヴォーリズ建築事務所に同期のかたが、
いらっしゃったとは。驚きです。
私も工学部ですが建築とはまったく無関係です。
同じ大学で建築学科の知り合いがいました。
彼の下宿に行ったら、芸術関係の本が並んでいて、
趣味かなと思ったら、建築学はデザインのセンスが要ると言われて
感心したことがあります。
構造計算ばかりやっていると思っていました。
ダイビルの現状は知りませんが、取り壊されるのは決まっていますので
早く行かれた方がいいですね。
古い建物を見る楽しみは、外観と内装の両方です。
住宅は仕方がありませんが、商業ビルは中に入れる場合が多いので、
ぜひ見てください。
現代建築にも素晴らしいと思うものが数多くありますが、
概して無機的な美。一方、昭和初期以前の建物は有機的で魅力があります。

Commented by ゼク at 2009-01-27 11:13 x
>古い建物を見る楽しみは、外観と内装の両方です。
まさにその通りでございます!やはり見学できる時間を調べて
行くのがいいと思っています。日曜日にそのような時間があれば
いいのですが、平日&土曜日は仕事でなかなかうまくいきません・・・。

僕は古い建築を見るのが元々好きだった割には構造の方に行って
しまいました。建築とは芸術の中でも究極の形だと思います。
普通の芸術には機能美というものはそんなに重要ではありません。
しかしながら建築には芸術を重んじながらも機能も満たされなければ
弱者に厳しい建築になると思うのです。
芸術寄りに重きを置きながらも決して機能美も損なわない物にこそ
永年に続く建築の価値があり、さらにはそこには文化が育つと
思っております。
gipsypapaさんのBLOGを見ながら追々勉強していきたいと思います。
Commented by gipsypapa at 2009-01-27 17:40
ゼクさん、
商業ビルは日曜日は閉まっているところが多いです。
平日に行くのはなかなかできないですよね。

機能美。なるほど。やはり建築学科ですね。
確かに建物には目的に合った使いやすさが重要な要素でしょう。
私は素人なので、気になるのは階段の傾斜、幅くらいです。
あと現代の建築はコストかな。
昔の建物はあまり気にしていないのが多く、それがまた魅力です。
Commented by ゼク at 2009-01-27 18:18 x
この機能美と芸術性の融合が難しいんですよね!
機能美だけに偏れば建物は真四角のどれも同じものに成り得るし、
芸術性に偏れば「住む」「生活する」という建築物の元々の意味みたいな
ものが欠けてしまうんですね。
階段の幅や傾斜もそうです、デザイン的にすぐれた階段でも
荷物を運べないと使いにくいですもんね!
やはり建築物は人が中に入って使う器ということも少しは考えないと
本当に弱者に厳しいものになってしまいます。

昭和初期のRC創生期のものに素晴らしいものが多いのは言われるよう
にコストの掛け方が今では考えられないものだからということと、
施主、施工業者がやはり魂込めて作っていたという点に他ならないと思います。
Commented by gipsypapa at 2009-01-28 10:14
ゼクさん、
私は今でもヴォーリズファンです。
彼(と彼の事務所)は当時の普通の建築家では見られない、
多種多様の建物を設計していますが、一貫したポリシーが感じられます。
まず、顧客のニーズに柔軟に対応していること。
ある時は豪華に、ある時は質素に(この対応はある意味当たり前ですが)
スパニッシュ、チューダー、ひいては和館など対象をより好みせず手がけています。
今で言う顧客第一主義です。
もう一つは、やはり機能と居住性に意図的な配慮をしていることです。
住宅建築で特に感じますが、無駄のないスペース、使い勝手のよさ、
健康に配慮した風通しや採光など・・
ヴォーリズの階段はほぼ例外なく傾斜が緩やかです。
藤森教授がテレビで、ある意味、愛をこめて、彼は素人と発言していました。
確かに素人で、玄人ならやらないような間取りや柱の配置をしている
そうですが、逆に素人だから、使い勝手や健康に配慮するという
建築家とは一種違う強いポリシーが成立したともいえます。
Commented by gipsypapa at 2014-04-18 15:51
大阪の綿業会館を更新しました。
Commented by gipsypapa at 2014-04-29 11:14
綿業会館をまたまた更新しました。
<< 板谷歯科医院 旧大阪市立博物館 >>