コニシ(旧小西儀助商店)

c0112559_15555784.jpg
堺筋を三井住友銀行大阪中央支店から南下すると、周りの町並みの風景とは違った、明治の日本家屋があります。接着剤メーカー、コニシ株式会社の旧社屋(旧小西儀助商店)兼住宅です。

 明治3年に「小西屋」として創業したコニシは、創業時は、薬種問屋、食品の販売を行なっていて、明治17年に製造を開始した(明治21年に撤退)「アサヒ印ビール」は、アサヒビールのルーツだそうです。
 
大正14年に小西儀助商店と社名を変更、昭和51年に現在のコニシになりました。現存する建物は、明治36年に建てたもので、店舗と蔵は国の登録有形文化財。住宅の主屋は国の重要文化財です。現在の社屋ビルは別にありますが、この建物はそのまま保存されているようです。

コニシ(旧小西儀助商店) 1903(明治36)年
重要文化財(住宅主屋)、有形文化財(店舗、蔵)
設計 : 本間乙彦(意匠)、渋谷五郎(基礎)
大阪市中央区道修町1-6-10
撮影 : 2007.1.14
c0112559_163455.jpg
店舗の入り口。
c0112559_1652890.jpg
c0112559_1655565.jpg
 昔のままの蔵。
c0112559_1664733.jpg
 南から見た店舗部分。
by gipsypapa | 2007-10-05 16:15 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7119752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大阪倶楽部 三井住友銀行大阪中央支店 >>