生駒ビルヂング (生駒時計店)

c0112559_13402361.jpg
 堺筋を野村ビルから南下して平野町通りとの交差点の角地に建つ、時計塔を持ったビル。この界隈でひときわ人目を引く存在です。
 
 スクラッチタイル(手掻きの縦縞模様のタイル)とテラコッタ(素焼きの陶片)を活用したアールデコ調のビルです。屋上の時計塔と出窓(3~5階)丸窓(2階)が、巨大な振り子時計のデザインとなっているとか。鉄筋コンクリート造 地上5階(一部6階)地下1階の登録有形文化財。

生駒ビルヂング (生駒時計店) 1930(昭和5)年
設計 : 宗 兵蔵 / 原案:大倉三郎 実施設計:脇永一雄 (宗建築事務所)
施工 : 大林組
登録有形文化財
大阪市中央区平野町 2-2-12
撮影 : 2007.1.14
c0112559_13481614.jpg
c0112559_1405120.jpg
華麗なファサード。スクラッチタイルの外壁に、テラコッタの窓台。中も一度見たいビルです。
c0112559_13505782.jpg
c0112559_13512963.jpg
c0112559_13514912.jpg
c0112559_13521145.jpg
c0112559_13523952.jpg
 2階の窓辺には獣神像の彫刻風装飾。現代建築にはない不思議な魅力となっています。
c0112559_13545754.jpg
c0112559_13551548.jpg
 東面の出窓とスクラッチタイルの壁。
c0112559_13562694.jpg
 特徴の一つである時計塔。時計自体のデザインは意外に現代風です。時計はいいアングルで撮れませんでした。
c0112559_13581243.jpg

by gipsypapa | 2007-09-30 14:04 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7082558
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 新井ビル 高麗橋野村ビルディング >>