シェ・ワダ高麗橋本店 (旧大阪教育生命保険)

c0112559_22311134.jpg
 浪花教会の北に隣接する白い花崗岩のラインの煉瓦造り。見てすぐに分かる辰野金吾(辰野片岡建築事務所)の作品です。 
 角地の角が曲面で柔らかな印象にするとともに、エントランスを斜め設けることで、建物のファサードをこの部分に集中させています。 北面2階には、ドーマー(屋根)窓。大阪教育生命保険の事務所でしたが、現在は高級フランス料理のレストランになっています。その気になれば中を見れるわけですが、おっさんにはやや敷居が高いです。(^^;;
 なお1枚目の写真の右に浪花教会が少し写っています。

シェ・ワダ高麗橋本店
旧・大阪教育生命保険 1912(明治45)年
設計 : 辰野片岡建築事務所
施工 : 営繕司直営 
大阪市中央区高麗橋2-6
撮影 : 2006.5.28 & 2007.1.14
c0112559_22412699.jpg
 この曲面をファサードにしている珍しい意匠。
c0112559_22432487.jpg
c0112559_22435818.jpg
 西面。
c0112559_22442070.jpg
 一方、北面にはドーマー窓が並んで。
c0112559_2246868.jpg
c0112559_22463320.jpg
 エントランスをアップで。
c0112559_22472393.jpg
 北東の端には煙突がチラッと見えました。c0112559_22484030.jpgc0112559_2249542.jpg
























c0112559_22492535.jpg
 辰野片岡建築事務所の商業施設の作品の中ではこじんまりしていますが、エッセンスが凝縮された好ましい意匠です。
 ヴォーリズの浪花教会の時にも言いましたが、ここに来たらいつも思うのでまた。景観を台無しにする電柱と強烈に張り巡らされた電線はなんとかならんの?
by gipsypapa | 2007-09-22 22:57 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7027445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 八木通商(旧大阪府農工銀行) 南海本線浜寺公園駅舎 >>