JR東淀川駅

c0112559_14504137.jpg
 この駅も毎日見ながら通っていて、初めて撮影しました。
 JR東淀川駅は新大阪駅から京都方面へ700mのところにあるこじんまりとした駅です。開業時からの木造モルタル造りで、駅の東西それぞれに駅舎が設置されています。
 東口、西口と平面形は違っていますが、対の駅舎で統一された意匠が、瀟洒なスパニッシュスタイルの住宅を思わせます。双方ともオレンジ色の釉薬をかけたスペイン瓦葺き。

JR東淀川駅舎 1940(昭和15)年
設計・施工 : 不明
大阪市淀川区宮原2-3-17
撮影 : 2007.9.12
c0112559_14581316.jpg
c0112559_14573955.jpg
 まずは東口。横長の軒の低い平屋ですが、駅とは思えない。
c0112559_14591889.jpg
 東口の先端。ここから地下に降りて西口にいけるようになっています。ヴォーリズみたいでしょう?
c0112559_1511796.jpg
 線路沿いの駅舎回廊部分。この奥は化粧室。
c0112559_152986.jpg
東口の開札を出たところ。ここを通って地下でも移動可能ですが、今回は踏み切りを通って西口へ向かいました。
c0112559_154644.jpg
 プラットホームの支柱はレール材が使われていて、これもレトロ。
c0112559_155620.jpg
 踏み切りから見た西口駅舎。この踏み切りは有名な開かずの踏み切り。私も向こう側に渡るのに2回信号待ちをしました。普通、歩行者は踏切ではなく、地下道で横断するようです。地下道は開札を通った乗客と一般通行者と仕切りで分けられています。
c0112559_1571475.jpg
 これもヴォーリズ住宅のような切り妻。
c0112559_1582831.jpg
 スペイン瓦をアップで。
c0112559_1591363.jpg
 西口を正面から。左側が2段階に下がっています(先ほどの妻の写真)が、この部分が地下道への階段になります。
c0112559_15131837.jpg
c0112559_15133663.jpg
 京都方面上りプラットホームから見た西駅舎。
 なかなか他にはこういうJRの駅はないでしょう。新大阪が近いので乗降客は少ないのですが、ぜひとも残して欲しい素晴らしい駅です。
by gipsypapa | 2007-09-19 15:20 | 建築 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/7002283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by daikatoti at 2007-09-19 20:20
駅とは、また珍しいものに注目されましたね。
ほんとに、こんな駅は珍しいのでしょうね。
回廊部分が特にいいですね。
Commented by sy-f_ha-ys at 2007-09-19 23:35
私が普段使っている西武線も、高架線になる前にはいい駅舎がありました。
関西に行くたび思うのですが、東京と違って町の色がはっきりしているように思います。
切妻屋根と回廊が素敵ですね。
Commented by gipsypapa at 2007-09-20 10:44
daikatoti さん、ありがとうございます。
毎日見ていて、いつもいい建物だと思っていましたが、何時でも撮れると思ってしまって、なかなかチャンスがありませんでした。
わけあって会社を休んで近くまで行き、時間待ちの間に初めて下車しました。
確かにこのようなレトロ感たっぷりの駅舎は近くにはほとんどないですねぇ。
Commented by gipsypapa at 2007-09-20 11:03
sy-f_ha-ys さん、JR東海道線の京都~神戸間は高架線ではなく地上を走っていますが、駅のホーム間の移動は高架橋を使うところがほとんどです。
そういう駅は戦後に建て替えられているので、このような昔のままの駅舎は残っていません。

関西と東京と町の色が違う?それはあまり気になったことはありませんが、東京方が緑が多いと感じます。そのせいかな?
函館はまったく違った色ですが。(笑)

西武新宿線は昔、何回か乗りました。いい雰囲気だった記憶があります。
Commented by sunshine-works at 2007-09-21 00:53
JR東淀川の駅前に仕事の立ち寄り先がある関係でこの駅舎の存在は以前から気になっていました。あらためて見てみるとなるほど味わいのある建物ですね。大阪駅から10分程度の駅なのにとってもローカルな雰囲気があるところも気に入っています。(停車する列車本数が少ないのに踏切がなかなか開かないのが難点です)
Commented by gipsypapa at 2007-09-21 16:45
sunshine-works さん、気になる存在ですよね。駅の開業当時のままだそうなので、昭和15年築です。
新幹線が通って新大阪駅が出来るまでは、乗降客が多かったのでしょう。
この駅の不要説もあったと聞きます。

確かに見上げた開かずの踏み切りで、線路(7~8条?)の両側に詰め所があって、両方に踏み切り番が常駐しています。
これも沿線では珍しいです。
Commented by 昭和生まれ at 2011-12-21 11:31 x
まだ新大阪駅が建設前から利用しておりました。
ホームから東側駅舎を見ると池があり鯉も泳いでいました。
子供心にもオシャレな駅だと感じ今でも思い出します。
Commented by gipsypapa at 2011-12-22 09:57
昭和生まれさん
私は今も毎日ここを見ながら通勤しています。
最近、新大阪側の駅舎が少し変わりました。
しかし、ここに写っているお洒落な建物はそのままです。
新大阪駅が出来た時に、
近すぎるということで、
この駅がなくなる話があったと誰かに聞いたことがあります。
残ってよかったです。
<< 南海本線浜寺公園駅舎 旧吹田操車場の建物 >>