大阪茨木市のS邸

c0112559_1638584.jpg
 阪急茨木市駅の近くにある住宅。玄関ポーチとその上のベランダが特徴です。和洋折衷ですが、表が洋風になっています。過去に茨木クッキングスクールとして使われていたようです。

S邸 1932(昭和7)年
設計・施工 : 不明
大阪府茨木市大手町4
撮影 : 2007.7.15
c0112559_16431936.jpg
c0112559_16441640.jpg
c0112559_16444068.jpg
c0112559_1645263.jpg
 日本家屋の中央に洋風の玄関。円柱とそれが支えるベランダ。アーチ型の窓が中央に一つだけ配置されています。
c0112559_16473858.jpg
 建物の左側から。正面側が洋風。2階の窓はサッシに変わっていますが、1階の窓は木枠でガラスは当時のままの波打ちガラス。いい感じです。
c0112559_165237.jpg
c0112559_16522755.jpg
 大阪のベッドタウン、高槻市や茨木市には、純和風の古い家は残っていますが、このような洋館はほとんどないので貴重です。
by gipsypapa | 2007-09-15 16:55 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6972500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< JR貨物関西支店吹田信号場 カトリック高槻教会 >>