京都大学・文学部陳列館

c0112559_15214777.jpg
 文学部が収集した貴重な資料を収蔵する目的で建てられた建物。南側にあるエントランスのぺディメント、上部の円形の小窓、棟上の小塔など意匠も優れた華麗な建物です。ネオバロックを模しつつ細部の装飾はセセッション的意匠を取り入れた、煉瓦造り2階建ての登録有形文化財。

京都大学・文学部陳列館 1914(大正3)年
登録有形文化財
設計 : 山本治兵衛・永瀬狂三
施工 : 直営・津田甚組
京都市左京区吉田本町
撮影 : 2006.11.23 & 2007.7.6
c0112559_1526538.jpg
c0112559_15272950.jpg
c0112559_15282510.jpg
建物本体は煉瓦造りで、その上からモルタルを塗ってグレーの外観になっています。
c0112559_15352643.jpg
c0112559_15354045.jpg
c0112559_15355345.jpg
c0112559_1536764.jpg
c0112559_15362297.jpg
c0112559_153635100.jpg
 エントランスと中を見ています。建物の随所に使用されているライトグリーン。「うぐいす色」ですね。当時としては珍しい色使い。明るい色を使用する事が、逆に建物を引き締め、華麗に見せています。
c0112559_1539273.jpg
c0112559_15394288.jpg
 裏に廻ってみました。2階部分に緩やかなアーチ窓が配されています。
c0112559_15415859.jpg
 裏にあった石の棺のようなもの。これも展示品の一部なのか。
c0112559_15425831.jpg
 がっしりとした学校建築が多いキャンパスの中では、異色の意匠たっぷりの建物でした。
by gipsypapa | 2007-08-30 15:45 | 建築 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6837279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2007-08-31 23:41
この建物はまったく知りませんでした。前に紹介された武田五一の図書館に感じが似てますね。
玄関の装飾が少しアールヌーヴォー風だったり、明治末~大正初期らしい建物だと思いました。
Commented by gipsypapa at 2007-09-02 15:34
sy-f_ha-ys さん、吉田キャンパスを歩いているとすぐに見つかる、かなり大きな建物です。デザイン的にも優れていますね。
山本治兵衛と永瀬狂三の二人は京大の営繕課に所属した設計者ですが、他にも面白い作品が残っています。
Commented at 2013-04-12 16:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 京都大学・工学部土木工学教室本館 京都大学・法学部、経済学部本館 >>