京都大学・百周年時計台記念館

c0112559_22354985.jpg
 京都大学の建築学科初代教授だった武田五一が設計し、大正14年(1925年)に完成した京大キャンパスを代表する建物です。外観は格調高い風格を備え、歴史的にも貴重な存在。
 かっては法経学部の講義施設、近年は本部事務局として歩んできた四面時計塔は、白い針と菊文様、ローマ字が文字盤で 80年近く京都大学吉田キャンパスのシンボルとして親しまれてきました。
 その後、この本部本館は、 保存と保持のために百周年時計台記念館として平成15年に新たな世紀を刻む時計塔として再生されました。
 北側の文字盤の下には時を知らせる鋼鉄製の鐘が付いており、 8時、12時、18時に鳴ります。

京都大学・百周年時計台記念館
旧京都帝国大学本部本館
1925(大正14)年/2003(平成15)年改修
設計 : 武田五一・永瀬狂三・坂静雄
施工 : 直営・清水組・山虎組
京都市左京区吉田本町
撮影 : 2006.11.23 & 2007.7.6
c0112559_22435491.jpg
c0112559_22443499.jpg
c0112559_224457100.jpg
c0112559_22452731.jpg
 当時最新の鉄筋コンクリート構造を採用。京大の中でも極めて初期のRC建物になります。表面の仕様は白い石とタイル貼り。
c0112559_22475744.jpg
 「京都大学百周年時計台記念館」の横には「京都大学大学文書館」というプレートも。
c0112559_22482098.jpg
c0112559_2251101.jpg
c0112559_22513421.jpg
c0112559_23121993.jpg
c0112559_22515788.jpg
c0112559_22521920.jpg
 この建物はいつも開放されていて、一般の見学者も自由に出入りができます。
c0112559_22532756.jpg
 正面の楠は1934年の室戸台風で折れた初代の後に植えられた二代目だとか。
by gipsypapa | 2007-08-18 22:57 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6750221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ka at 2010-10-05 05:18 x
意外と知られていないんじゃないかと思いますが、文字盤の数字の部分には明かりがつきます。
学生たちの間では、総長が自転車をこいで発電している、という都市伝説が...
Commented by gipsypapa at 2010-10-05 09:57
ka さん、
文字盤に明かりが灯るというのは知りませんでした。
夜景も見る価値がありそうです。
そう言えば屋上で人が動いているのを見ましたが、
総長さまでしたか。(笑)
Commented by しがない大学生 at 2013-07-05 19:56 x
はじめまして。
現在大学1年生(京大ではありませんが)のものです。
大学で出た課題中で京大の百周年時計台記念館の画像を使いたいと思っておりましたところ、このサイトにたどり着きました。
もしよろしければこのページの画像を使わせていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。
Commented by gipsypapa at 2013-07-08 13:56
しがない大学生さん、
悪用されない限り(笑)
自由に使ってください。
<< 京都大学・保健診療所 京都大学・本部構内正門 >>