flowing KARASUMA (旧・北国銀行京都支店)

c0112559_15192244.jpg
 烏丸通りにあるこの建物は、山口銀行の京都支店として建てられたものです。その後は北国銀行京都支店でしたが、現在は撤退して flowing KARASUMA というテナントビルになっています。
 
 辰野金吾の作品としてはこじんまりとした建物ですが、彼の特徴である赤レンガに白ラインの入ったファサード。ただし縦のラインも強調されています。鉄筋コンクリート造り2階建。

flowing KARASUMA
旧・山口銀行(旧・北国銀行) 1916(大正5)年
設計 : 辰野・片岡建築事務所
施工 : 不明
京都市中京区烏丸通蛸薬師南西角
撮影 : 2007.4.15
c0112559_15292560.jpg
c0112559_1530443.jpg
c0112559_1530329.jpg
c0112559_15305491.jpg
c0112559_15311673.jpg
c0112559_15315581.jpg
コンクリートに赤レンガのタイル貼り。煉瓦造であった明治期に比べて、コンクリート造になった大正期はファーサードが平面的になり、垂直ラインが強調されてきているのが特徴です。外観の赤と白のコントラストや銅板葺きのトンガリ屋根などは、辰野金吾の一連の作品(東京駅など)と同じですね。 
 ファサードはシンメトリーですが、コーナーに塔屋を立て変化を出しています。これはデザイン的なものであって、特に機能的なものではないようです。c0112559_1538456.jpgc0112559_15381841.jpg
























 屋上のドームや赤れんがの外観を残しながら、カフェ、小物店、リラクゼーション施設が入るた商業施設として再生されました。
c0112559_15392770.jpg

by gipsypapa | 2007-08-03 15:42 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6625180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by adriatic-sea at 2007-08-03 18:52
こんにちはー。
gipsypapaさんのブログを見ていて、京都の建築の古さやそれをうまく現代風に使いこなしているうまさ、などなど改めておもしろいな〜と再確認。家のすぐそばの国立博物館など、普段何気なく通っていた建物にもハッとさせられました。これからも楽しみにしてます♪
Commented by gipsypapa at 2007-08-04 23:49
adriatic-sea さん、そういっていただけるとうれしいです。まだ京都のネタはありますが、もうすぐ京大にいきます。
adriatic-sea さんのブログの写真は美しいですねぇ。太陽が一杯なのも理由の一つですが、カメラワークが素晴らしいです。また見せてください。
<< ウィングス京都 京都ハリストス正教会 >>