京都国立博物館・本館と正門

c0112559_1839596.jpg
 京都の煉瓦建築としてあまりにも有名な京都国立博物館。

 本館の建築は、フレンチ・ルネサンス様式の壮麗な煉瓦造で、明治28年建造の重要文化財。
設計者は片山東熊。片山氏は、宮内庁匠寮の宮廷建築家として皇室関係の建築を担当していた人物です。ヨーロッパを歴訪して宮廷建築を学んだため、彼の作品はヨーロッパ的です。
 
先に紹介した東京国立博物館表慶館も彼の作品。
http://gipsypapa.exblog.jp/6280168

京都国立博物館・本館と正門 1985(明治28)年
設計 : 片山東熊
施工 : 直営
重要文化財
京都市東山区大和小路通七条上ル
撮影 : 2007.3.4

c0112559_18423133.jpg
c0112559_18445264.jpg
c0112559_1845148.jpg
c0112559_18454790.jpg
c0112559_18462015.jpg
c0112559_18464620.jpg
c0112559_184785.jpg
c0112559_18473973.jpg
 ここに行って、目を惹かれるのは、まず本館の建築ですが、正面の噴水を中心とした広大な洋風庭園も見所に一つです。ヨーロッパでよく見る庭園建築と呼んでいいでしょう。
 この博物館は、京都の社寺などに伝えられた美術品や文化財の展示を行っていますが、常設展示は新館で行い、特別展のみにこの建物が使われます。
c0112559_18524658.jpg
 シバ神と吉祥天が向かい合う彫刻。興味深い装飾です。
c0112559_18545651.jpg
 同時期に作られ、これも重要文化財の正門。
c0112559_18561453.jpg
c0112559_18563917.jpg
c0112559_1856591.jpg
c0112559_18573352.jpg
c0112559_18575524.jpg
c0112559_18581652.jpg
 とても日本とは、さらには京都とも思えないような建築です。へっへ~、と頭が下がるような・・・
 明治の人たちの考えること、やることはすごいですね。現代ではこういう壮大な計画はありえません。

 ただ個人的には、もっとこじんまりして、遊び心のある建物が好きなのです。
by gipsypapa | 2007-07-21 19:05 | 建築 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6536176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ローカルニュースの旅 at 2014-10-10 17:57
タイトル : 鳥獣戯画展、京都で開幕 全4巻、1堂に展示
国宝絵巻「鳥獣人物戯画」の修理完成を記念し、絵巻を所蔵する京都・高山寺の寺宝など約80件を展示する「国宝鳥獣戯画と高山寺」が7日、京都国立博物館で始まった。11月24日まで。... more
Commented by ひろ009 at 2007-07-21 23:55 x
正門を横から&後方から見た写真が斬新です。
Commented by gipsypapa at 2007-07-23 00:25
ひろさん、ありがとうございます。
ところで最近ひろさんのブログに、建物関係が減ってません?(笑)
Commented by ひろ009 at 2007-07-23 22:29 x
近場には結構ちょこちょこと出かけているのですが、なかなかアップする時間がなくて・・・(笑)
ランニング仲間からはランの記事が、読書仲間からは本の記事が少ないと怒られて(?)います。
Commented by gipsypapa at 2007-07-24 07:54
ひろさん、ははは、いろいろお忙しいようで。
写真を整理してサイズあわせをしたり、調べ物をして文章にするのは手間ですよね。
私は暇なときにまとめて整理していますが、忙しいとついつい後回しになってしまいます。
<< 旧京都市下京図書館 京都の文椿ビルヂング >>