名古屋市の布池カトリック教会

c0112559_11115691.jpg
 東海学園から最寄の地下鉄の駅に向かう途中で、尖塔が見えてきました。

 布池カトリック教会は名古屋教区司祭座聖堂(聖ペトロ・パウロ・カテドウル)ともいわれ、カトリック名古屋教区の中心となる教会です。この聖堂は昭和37年竣工で比較的新しい建物ですが、高さが50mもある巨大なゴシック風建築で、双塔や先の尖ったアーチなどにその特徴がみられます。 双塔は都心東部のあちこちから眺望でき、地域のランドマークとして市民に親しまれています。鉄骨鉄筋コンクリート造・3階建で、塔は5階、高さ50m。

布池カトリック教会 (名古屋教区司祭座聖堂) 1962(昭和37)年
設計 : 山下寿郎設計事務所
施工 : 不明
愛知県名古屋市東区葵1-1208
撮影 : 2007.1.26
c0112559_11204238.jpg
c0112559_11214440.jpg
c0112559_1122468.jpg
c0112559_11231839.jpg
c0112559_11234992.jpg
 この日は金曜日でしたが、さすがにカトリック教会。横の入り口から礼拝堂の中へ入ることができました。他にも信者と思われる方がお祈りをされていました。日曜日ではないので照明が消えているのは仕方がありません。
c0112559_11241097.jpg
c0112559_11243912.jpg
c0112559_11252083.jpg
c0112559_11254552.jpg
c0112559_11264345.jpg
 ヨーロッパにあるような大聖堂。尖塔が印象的でした。
 
 これで、今回の名古屋シリーズは終わって、次は地元の関西へ帰ります。あ~、やっとか。
by gipsypapa | 2007-07-09 11:33 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6463185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都市美術館 東海学園講堂 >>