旧名古屋銀行本店

c0112559_14293190.jpg
 三井住友銀行から少し東に行ったところに三菱東京UFJ銀行があります。この建物は昭和初期に建てられた、東海銀行の前身、旧名古屋銀行の本店でした。現在は貨幣資料館として無料公開されています。
 設計は、曽禰達蔵を顧問とし、 中京の近代建築の重鎮・鈴木禎次が当たりました。

私が訪ねたときは三菱東京UFJ銀行貨幣資料館でしたが、今は資料館は移転し、この建物は空き家になっているみたいです。(2017.4.24)

旧名古屋銀行本店
元三菱東京UFJ銀行貨幣資料館
1926(昭和元)年
設計 : 鈴木禎次、曾禰達蔵
施工 : 竹中工務店
都市景観重要建築物
愛知県名古屋市中区錦2-20-25
撮影 : 2007.6.8
c0112559_1431149.jpg
c0112559_14313146.jpg
c0112559_14332471.jpg
c0112559_14321922.jpg
c0112559_14334072.jpg
 建物の外壁を石張りとし、 4階分の巨大な6本のコリント式の列柱が特徴。
c0112559_1434323.jpg
 展示室の様子です。1階正面に明るい雰囲気のショーウインドーが迎え入れてくれます。これだけでなく、「東海道五十三次」に代表される歌川広重の版画も展示されています。入館無料です。
c0112559_1435543.jpg
c0112559_14352423.jpg
 銀行時代の大金庫が残っています。昭和元年建設当時のままです。扉の厚さが50cm、重さが2.5トンもあるそうです。
c0112559_14384812.jpg
 展示品の一例です。ここは紀元前から現在までの世界中の本物の貨幣が約1万点も展示されている、民間では国内最大の資料館。
c0112559_1440671.jpg

by gipsypapa | 2007-07-04 14:43 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6434920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 明治屋名古屋栄ストアー 三井住友銀行名古屋支店 >>