三井住友銀行名古屋支店

c0112559_13531188.jpg
 名古屋の地下鉄伏見駅と栄駅の間に近代建築ビルが数棟あります。この名古屋支店は鉄筋コンクリート造りで、地上2階地下1階。ヤギの角のような渦巻き状カーブの柱頭を持つ溝付き円柱が6本並ぶ堂々たる建築です。

三井住友銀行名古屋支店
旧三井銀行名古屋支店
1935(昭和10)年
設計 : 曾禰中條建築事務所
施工 : 竹中工務店
都市景観重要建築物
愛知県名古屋市中区錦2-18-24
撮影 : 2007.6.8
c0112559_13541766.jpg
c0112559_13544312.jpg
c0112559_13552788.jpg
c0112559_13564984.jpg
c0112559_13573866.jpg
c0112559_13581511.jpg
 イオニア式の柱とが印象的。格子の入った窓も繊細。外壁の仕上げは花崗岩です。
by gipsypapa | 2007-07-03 14:00 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6428987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2007-07-03 19:52
三井銀行の建物は日本各地に立派なものが残っていますよね。
まだ名古屋の支店は見たことがありませんが、通りの並木とよくマッチしていて素敵ですね。隣のビルの低層部が同じトーンで纏めているのが、このビルの魅力をいっそう引き出しているように思いました。
ヨウタロウ研
Commented by gipsypapa at 2007-07-04 14:27
sy-f_ha-ys さん、各地にありますよね。大阪の高麗橋にもありますが、名古屋とそっくりです。
今は三井と住友が合併して、元がどっちだったかわかりにくいのですが、中ノ島にある旧住友銀行の方が大規模で見ごたえがあります。
このブログもなかなか大阪に戻ってこれませんが、いつかアップしますね。
ご指摘のように、隣のビル(写真の下から2番目)は新しいビルです。
<< 旧名古屋銀行本店 名古屋市のE邸(旧矢田績邸) >>