名古屋の橦木館(しゅもくかん)

c0112559_14522311.jpg
 磁器貿易商「井元為三郎」の旧邸。大正15年に建築され、2階建て洋館、日本家屋、庭園、茶室などのレトロな雰囲気一杯の建物、敷地が一般に無料開放されています。
 現在はNPO法人橦木倶楽部により管理されています。公開日は土曜と日曜の両日です。

橦木館(しゅもくかん)
旧井元為三郎邸 1926(大正15)年
設計 : 白木時三
施工 : 柴田宇兵衛
愛知県名古屋市東区橦木町2-18 
撮影 : 2007.6.9
c0112559_1458274.jpg
正面に二階建てのスペイン瓦の洋館、奥には和風住宅があります。
c0112559_150081.jpg
 門から入ると洋館の玄関。これも旧春田邸や旧豊田邸と同じような和洋折衷です。
c0112559_1514662.jpg
 玄関ポーチの天井にある星型の照明。面白い。
c0112559_1524355.jpg
 中に入って玄関を振り返ったところ。
c0112559_1535830.jpg
 玄関を入ると小さな絨毯引きのロビー。2階へ上がる階段がありました。
c0112559_1572873.jpg
c0112559_1575876.jpg
c0112559_1582293.jpg
c0112559_1585966.jpg
 1階の洋室。応接間です。
c0112559_1595626.jpg
 洋室の床模様。案内していただいた橦木倶楽部副理事長の坂野さんに、維持することの苦労話も伺いました。坂野さんは、この建物の設計は武田五一じゃないかという噂があるとおっしゃっていましたが、私も同感です。というか似ています。
 その後、設計は白木時三、施工が柴田宇兵衛であることが判明しました。
c0112559_1516576.jpg
 奥の和館の廊下から見た洋館部分。
c0112559_15185175.jpg
c0112559_15191547.jpg
c0112559_15194165.jpg
 1階の和室。
c0112559_15204022.jpg
c0112559_1521914.jpg
c0112559_15213753.jpg
c0112559_15222168.jpg
c0112559_15224514.jpg
 洋館の階段を登って二階へ。広間と奥にもう一つ小部屋があり、境の上部はステンドグラス。小部屋の横にはバスルームがあります。c0112559_15262835.jpgc0112559_1527433.jpgc0112559_15272893.jpg 



















洋館のドアにはそれぞれ違った文様。この辺は、もしかしたら武田五一?と思わせる遊び心を感じます。
c0112559_15293030.jpg
 当時のままのドアノブ。
c0112559_1530204.jpg
 2階から見た玄関ポーチの屋根。赤いスペイン瓦が使われています。
c0112559_15314298.jpg
c0112559_1532830.jpg
c0112559_15323264.jpg
 庭に面した藤棚のあるテラスでお茶でも飲むのが最高かな。
by gipsypapa | 2007-06-30 15:42 | 建築 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6411559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2007-06-30 16:31
外観は地味な感じがしますが、ステンドグラスなど内部の装飾は素敵ですね。
梅雨時の日には和室でゴロゴロしながら、雨に濡れた庭を眺めたいな・・・・、と写真を拝見しながら「マイ見学プラン」を思い描いてしまいました。
ヨウタロウ研
Commented by daikatoti at 2007-06-30 21:37
この辺りを一度散策せねばとおもいいつつ、行っていません^^
思い切って出かけて見ます。
このシリーズが全部出終わってからがいいかな。
Commented by gipsypapa at 2007-07-01 08:51
sy-f_ha-ys さん、この頃のお金持ちの住まいは、ゆったりした造りが多いです。和室も広いし、天井が高い。気持ちいいでしょうね。

ところで村林ビル(関根要太郎設計)を見せてもらいました。いいですねぇ。次に東京に行く機会があれば是非見てみたいです。
Commented by gipsypapa at 2007-07-01 08:57
dailatoti さん、県庁・市役所から東側は近代建築が固まってあるので、散策にはもってこいです。
ご存知でしょうけど「文化のみち」という散策ルートを名古屋市がやっています。

なお、このシリーズですが、「文化のみち」はもうすぐ終わります。
そのあとまだ名古屋はしばらく続きます。

Commented by ひろ009 at 2007-07-01 09:50 x
私が探訪したとき、ここはかなり蔦に覆われていました(内部は未見です)。和館と洋館の佇まい、各種のデザインが確かに武田五一っぽいです。ステンドグラスのデザインはトランプみたいでユニークですが、全体的に吹田の旧西尾邸と似た雰囲気もありますね。土日公開であれば、他にも要再訪物件が多数あるので、行かねば!です
Commented by gipsypapa at 2007-07-01 15:36
ひろさん、そうそう、ここと故春田鉄次郎邸は西尾家を思い出します。

私もまだ見てない建物がかなりありますので、今年中にも。ひろさんのブログに出てきたのも大半は見てませんし。
Commented at 2008-05-16 14:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 名古屋市の文化のみち二葉館(旧... 名古屋の旧豊田佐助邸 >>