名古屋のカトリック主税町教会

c0112559_1642112.jpg
 木造・2階建、桟瓦葺 この教会は白壁・主税・橦木の町並み保存地区にあり、名古屋・岐阜地方に初めてカトリックの教えを広めた井上秀斎がテュルパン神父と共に100年以上前に士族屋敷を改造して建てられた教会です。外観は社寺風で、格天井の三廊式。鐘楼は復元されたものです。
 また隣接の司祭館はコロニアルスタイルを特徴とする建物です。

カトリック主税町(ちからまち)教会 
礼拝堂 1904(明治37)年
設計 : 井上秀斎、テュルパン神父
施工 : 不明
司祭館 1903(昭和5)年
設計・施工 : 不明
名古屋市都市景観重要建築物指定
愛知県名古屋市東区主税町3-33
撮影 : 2007.6.9
c0112559_1654077.jpg
c0112559_166772.jpg
 とてもキリスト教会とは思えない、お寺のような外観。伊勢湾台風後に入口と外陣両側が増築されたため、側廊ができ、三廊式となりました。礼拝堂正面の3連アーチが優美。
c0112559_168342.jpg
 とはいえ、側面はやはり教会。
c0112559_1692018.jpg
c0112559_1693213.jpg
 復元された鐘楼。
c0112559_16101830.jpg
c0112559_16104364.jpg
c0112559_1611387.jpg
 隣接する司祭館は外観を下見板張りとした洋風建築物で、白壁・主税・橦木の町並み景観を形成する建物です。
c0112559_16124697.jpg
c0112559_1613520.jpg
c0112559_16133534.jpg
 
c0112559_16135594.jpg
 礼拝堂は両側に側廊のある三廊式。
c0112559_16142586.jpg
c0112559_161546.jpg
c0112559_16155763.jpg
c0112559_16162254.jpg
c0112559_16165297.jpg
c0112559_16171237.jpg
c0112559_1617369.jpg
 カトリックの教会は日曜以外にも開いていることが多いのですが、ここも中に入れました。名古屋市がキャンペーンをしている「文化のみち」という古い建築物の散策ルートにあるので、一般の観光客の姿も見えました。
 礼拝堂の中はカトリックにしてはシンプルな感じですが、やはり天使像などが飾られています。
c0112559_16221382.jpg

by gipsypapa | 2007-06-26 16:24 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6388071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 名古屋の故春田鉄次郎邸 名古屋市市政資料館 >>