名古屋市の伊勢久株式会社本社

c0112559_10242838.jpg
 伊勢久株式会社は創業が江戸時代1758年という長い歴史を持つ薬問屋です。この建物は昭和5年に竣工され、この時期流行したアメリカ風スパニッシュ様式を採用した、先進的で自由なデザインの建築。鉄筋コンクリート造、 地上3階、 地下1階で、冷暖房やリフト、水洗便所まで備えた当時としては非常に先進的な建物でした。外観は地味な色合いのタイル張りで、螺旋状の溝のある4本の飾柱と大梁の飾りテラコッタが印象的です。
 
伊勢久株式会社本社 1930年(昭和5)年
設計 : 鳥武頼三
施工 : 志水建築業務店
愛知県名古屋市中区丸の内3-4-15
撮影 : 2007.6.8
c0112559_10254780.jpg
c0112559_10262518.jpg
c0112559_10264357.jpg
c0112559_10271513.jpg
c0112559_10273263.jpg
 らせん状の柱や窓まわりの装飾に特徴があります。タイル貼りはほぼ前面だけ、裏側半分はモルタルむき出しでした。
c0112559_1028218.jpg
 5年後に建てられた亜愛知県庁大津橋分室と2つ並んでいる姿は、まるでここだけ時代が止まっているかのようです。
by gipsypapa | 2007-06-24 10:34 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6373474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ009 at 2007-06-24 16:22 x
愛知県庁大津橋分室と伊勢久が2つ並んでいる姿は本当に素晴らしいですね。以前、名古屋を探訪したとき、この2つに朝日が当たっている写真をどうしても撮りたくて、いの一番にここへ行きました。
Commented by gipsypapa at 2007-06-24 21:38
ひろさん、まったくその通りです。この日は夕方でしかも雨でした。正面が東向きなので、晴れた日の午前中に見るべしですよね。ひろさんのブログの写真はいいですねぇ。
<< 名古屋市市政資料館 愛知県庁大津橋分室 >>