JR上野駅

c0112559_8491884.jpg
 東京の北の玄関口、上野駅。関東大震災関東大震災による旧駅舎の焼失により 建てられた復興建築です。大きな吹き抜けを始めとし、当時は最新式のターミナルとして大きな注目が。その後、段々と老朽化が進み、改築も検討されましたが、幸いにも現状の建物を保存しています。
 近年の改修・補修によって外壁も美しくなり、さらに駅の中も明るくなって、様々な店も入居しています。鉄筋コンクリート造2階建て、地下1階。

JR上野駅 1932年(昭和7)年
設計 : 鉄道省
施工 : 鹿島組
東京都台東区上野7-1
撮影 : 2007.5.1
c0112559_8561149.jpg
c0112559_8562787.jpg
c0112559_8564421.jpg
c0112559_857390.jpg

by gipsypapa | 2007-06-13 08:57 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6299388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東京上野の比留間歯科医院 国立科学博物館上野本館 >>