東京芸術大学大学美術館陳列館

c0112559_1453182.jpg
 順番が逆になりましたが、福島から東京へ移動した最初の夜は上野に泊まりました。上野公園は2年ぶり。近代建築が多く残っています。今回は少し時間をかけて見て廻ろうと、下調べをして臨みました。
 ところが朝から小雨模様。さらに予期せぬ問題がありました。多くの建物の休館日が月曜日であるのは調べて知っていて、5月1日は火曜日なので問題ないと早とちり。4月30日(月)が昭和の日の振り替え休日なのを忘れていました。つまり火曜日とはいえ、昨日の月曜日は開いていて翌日のこの日が休みのところが多かったのです。
 ここ東京芸術大学陳列館もいつもなら本館に入れるのですが、この日はだめ。一部のみ開館でした。
 この建物は隣接してある黒田記念館と同じく、岡田信一郎が設計した東京美術大学の展示施設です。建物全体はスクラッチタイルでおおわれ、屋上部分の奥まった位置に円柱と天窓が並び、古典主義的装飾モチーフが用いられています。全体的にシンプルな外観で上品な印象の鉄筋コンクリート造3階建て。

東京芸術大学大学美術館陳列館
旧東京美術学校陳列館 1929(昭和4)年
設計 : 岡田信一郎
施工 : 不明
東京都台東区上野公園12-8
撮影 : 2007.5.1
c0112559_15114068.jpg
 本来はここから入れば、展示物が見られたはずですが、閉まっています。
c0112559_15135167.jpg
c0112559_15172848.jpg
 仕方なく道路沿いに進んで学校の校門から入ると、北東の一部が開いているとのことでした。
c0112559_15182950.jpg
 入口の飾電燈は、 1888年(明治21年)に皇居二重橋(鉄橋)が架け替えられた時に、 両たもとに設置された4基のうちの1基です。
c0112559_15194141.jpg
 1階と2階の一部で学生の作品を展示していました。
c0112559_15212773.jpg
c0112559_1521595.jpg
c0112559_15223034.jpg
 
c0112559_1523311.jpg
 北東面の2階にまったく窓がないのが気になります。全体をおおうスクラッチタイルの茶褐色と上部の白との対比が見所。
by gipsypapa | 2007-05-31 15:37 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6212174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 東京芸術大学大学赤レンガ1号館 自由学園講堂 >>