自由学園明日館

c0112559_14121266.jpg
c0112559_14124759.jpg 
 
 せっかく池袋に来たからには自由学園も見なければ。立教大学で時間を使ったので、着いたのは午後3時過ぎ。敷地の入り口の事務所で、中に入れるかどうか訪ねたところ、結婚式をやっていて、それがもうすぐ終わる。もう少し待ってほしい。その代り今日は無料でいいとのことでした。ラッキー。それまでの間は、道を挟んだところにある講堂を見てくださいとのアドバイスがあったので、まず講堂を見た後にこの明日館に入りました。

 ライト建築として有名ですが、行く前にネットで見た正面の写真が、新しい建物のようで、かつ近代的な印象でしたので、実はあまり期待はしていませんでした。ところが中に入ってみるとこれが素晴らしい。ということで建物の紹介は↓。

自由学園は1921年(大正10)、羽仁吉一、もと子夫妻が創立した女学校。明日館(みょうにちかん)は自由学園の校舎として、アメリカが生んだ巨匠フランク・ロイド・ライトとその弟子遠藤新の設計により建設されました。
 軒高を低く抑えて水平線を強調した立面、幾何学的な建具の装飾は「プレイリースタイル(草原様式)」と呼ばれる一連のライト作品の意匠を象徴しています。日本に残るライト作品の特徴である大谷石が多用され、建物の基本構造が現在の2x4工法の先駆けと言われるなど、他の日本建築に見られないライトの作風を示す典型的な建築です。平成9年(1997)に国の重要文化財に指定され、平成11年(1999)以降、国および都の補助事業による保存・修理工事を行い、別棟3棟の新築を含めて、平成13年(2001)9月に完了しました。
<パンフレットより>


自由学園明日館
中央棟 1921(大正10)年
西教室棟 1922(大正11)年
東教室棟 1925(大正14)年
重要文化財
設計 : フランク・ロイド・ライト、遠藤新
施工 : 女良工務店
東京都豊島区西池袋2-31-3
撮影 : 2007.5.2



c0112559_1416365.jpg
c0112559_14165710.jpg
c0112559_14172310.jpg
c0112559_14175948.jpg
c0112559_14182956.jpg
 幾何学模様の窓。スパニッシュ・スタイルのようなアーチ窓は一切ありません。
c0112559_14232043.jpg
c0112559_14272712.jpg
c0112559_14234940.jpg

c0112559_14224562.jpg
 正面入り口から入ると廊下が交差する玄関ホール。天井の明り採りのデザインも幾何学模様で素晴らしい。しばし見とれる。
c0112559_1425506.jpg
c0112559_14263469.jpg
 本館両脇に配置された、東教室と西教室。
c0112559_1428518.jpg
 本館中央にある最も有名で印象的な幾何学模様の窓。大ホールの南向きに大型の長窓を配していて素晴らしい。
c0112559_14314044.jpg
c0112559_14321398.jpg
c0112559_14335736.jpg
c0112559_14342171.jpg
c0112559_143505.jpg
c0112559_14353356.jpg
 大ホールの裏側は中二階になり、そこが食堂です。ここが一番気に入りました。木の柔らかさが心休まる雰囲気です。中央に大食堂があり、そこから3方に小食堂を配しています。
 外光を巧みに取り込み、幾何学的な装飾を用いて変化に富ませた内部空間。ライトの特徴がよく表現されています。ライト自身が設計した照明が昔のまま使われているとか。
c0112559_14432554.jpg
 食堂から階段を少し登って南に出ると、そこは大ホールのバルコニー。ライトの資料が展示してあり、ライト氏がいました。
c0112559_14461446.jpg
 バルコニーから再び大ホールの窓を。
c0112559_14472088.jpg
 ミスター・ライトと遠藤さんに脱帽の建物でした。
 なお見学は400円、喫茶付なら600円。休館日は月曜日(休日の場合はその翌日)と年末年始です。
by gipsypapa | 2007-05-29 14:57 | 建築 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6198413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ009 at 2007-05-30 23:06 x
こんばんは。
いつもながら素晴らしい写真、お見事です。
食堂で結婚式(パーティ?)があったのかな?
私も食堂に一番感動しました。
それとやはり大ホールの窓がすごいですね。
Commented by gipsypapa at 2007-05-31 13:56
ひろさん、食堂では後片付けの最中でした。ここで披露宴があったのでしょうね。知らなければ現代の最新建築と勘違いしそうな、斬新なデザインで感心しました。ロイドも凄いですね。芦屋の ヨドコウ迎賓館はご覧になりました?私は数年前に入り口まで行きましたが、受付で、有料なのに内部の撮影は禁止、と聞いて腹が立って入りませんでした。少し短気すぎたかなと、今になって反省しています。
Commented by ぴろりん at 2008-10-26 22:55 x
はじめまして最近レトロ建築をふらふら見て歩いています。2月ころにヨドコウ迎賓館に行って、先日紫織庵へ行ってきました。自由学園すごいですね!ヨドコウ迎賓館は山の斜面に建っているからか私宅であるからか思ったより中は狭いです。でもここほどではありませんがホールの幾何学模様に組み合わされるテーブルとかおおもしろかったですよ。ぜひぜひ機会があればごらんになってくださいね。
Commented by gipsypapa at 2008-10-27 13:24
ひろりんさん、こちらこそはじめまして。
ロイドは家具の設計もやっていたので、中も見どころがありそうですね。
明日館くらい遠慮せずに写真が撮れれば、すぐにでも行きたいところですがねぇ。
紫織庵も着物とかの展示品はダメですが、洋館の中は撮影自由ですよね。
Commented by jobi at 2015-11-23 01:40 x
先日テレビ番組「美の巨人」でここ明日館が取り上げられていました。
後でじっくり見てみたいとこちらの画像を拝見しました。
いつも充実した収集ですね。
帝国ホテルの家具や調度品とも共通していますが彼のセンスが光っています。
ただ、こちらは建築費を抑えているのにテーブルの木材の接合に使われた赤い部分や
ベニア板のドアなど洗練されているのはロイドならではの才能でしょうか。
修復前の荒れた当時の姿やロイドがこの明日館と帝国ホテルの完成を見ることなく帰国し
もと子さんの弔辞を送った文面がテレビで紹介されましたが見ていて切なくなりました。
現在も結婚式や地域の講座に使われているとか、機会があれば見学したいです。
Commented by gipsypapa at 2015-11-27 15:11
jobi さん
今まで見てきた洋風建築の中でも、
最も印象強かった作品の一つです。
今、内部がいつでも見れるかどうかわかりませんが
機会があればぜひ行ってみてください。
なお、ライトさんの弟子の遠藤新さんが設計した
自由学園の講堂があり、これも素晴らしいです。
一つ前のブログにありますのでどうぞ。
<< 自由学園講堂 立教大学第1食堂 >>