立教大学2号館・3号館

c0112559_15542928.jpg
 本館(モリス館)から南側には、H型の下半分が、中庭を挟むように建っています。

立教大学2号館・3号館 1918(大正7)年
設計 : マーフィ・アンド・ダナ建築事務所
施工 : 清水組
都・選定歴史的建造物
東京都豊島区西池袋3-31-1
撮影 : 2007.5.1
c0112559_15591130.jpg

c0112559_1612922.jpg
c0112559_1674186.jpg

 中庭を囲んで第1食堂の左に配置され、チューダー様式を基調とした赤いレンガ造り2階建ての建物。中央部分に張り出し窓を配しているのが特徴です。
c0112559_1651483.jpg
 2号館の南側入り口。写真の左側は第1食堂の一部です。
c0112559_1653481.jpg
c0112559_165534.jpg
 これも北にある2号館の入り口。
c0112559_1672543.jpg
 こちらは中庭を囲んで第1食堂の右にある3号館。2号館と同じスケール・同じ様式で建てられていますが、3号館は中庭から見る限り、張り出し窓がありません。裏側にあるかどうかは未確認です。 これらの二つの建物は、もとは寄宿舎で、屋根は建築当初は切り妻屋根でしたが、震災被害により寄せ棟屋根に変更されたそうです。
by gipsypapa | 2007-05-27 16:17 | 建築 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6184270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 東京建築マニアになろう at 2007-05-27 22:32
タイトル : 東京建築
「東京建築マニアになろう」へようこそ☆あなたは東京建築と聞いて、どんな…[建築 設計 事務所 東京] ... more
<< 立教大学第1食堂 立教大学チャペル(立教学院諸聖... >>