立教大学チャペル(立教学院諸聖徒礼拝堂)

c0112559_1259302.jpg
 H型の左上に位置する礼拝堂は、本館、旧図書館、2・3号館や第一食堂の2年後に完成。1998年に免震工事がされました。礼拝の他にパイプオルガンコンサートが開かれているそうですが、訪れたときは、入り口が開いていて、女性が一人パイプオルガンの練習中でした。

立教大学チャペル(立教学院諸聖徒礼拝堂) 1920(大正9)年/1998(平成10)年改修
設計 : マーフィ・アンド・ダナ建築事務所
施工 : 清水組
都・選定歴史的建造物
東京都豊島区西池袋3-31-1
撮影 : 2007.5.1
c0112559_134314.jpg
c0112559_1342755.jpg
c0112559_1344980.jpg
c0112559_1351253.jpg
 本館とは渡り廊下でつながっていて入り口があります。ここの面にはやはり蔦が絡まっていて、丸窓が印象的。
c0112559_137751.jpg
c0112559_1372332.jpg
c0112559_1374110.jpg
c0112559_138095.jpg
c0112559_1382333.jpg
 シンプルながら荘厳な雰囲気が漂っていました。多分、土日に行ったのでは中は見れなかったのではないかと思います。ラッキーでした。
c0112559_131076.jpg
 次はHの下側へ廻ります。
by gipsypapa | 2007-05-26 13:13 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6176567
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 立教大学2号館・3号館 立教大学図書館旧館 >>