郡山市 郡山公会堂

c0112559_1633480.jpg
 福島市を後にして郡山市へ。ここで一泊しました。予め調べておいた郡山の近代建築を少し見てまわりました。
 この建物は、市制施行を記念して建てられました。設計は、 大蔵大臣官房臨時営繕課長と臨時国会議事堂建設局長を兼任していた矢橋賢吉が監修的に携わり、 実際には、部下の荻原貞雄がオランダ・ハーグの平和宮をモデルにしたそうです。鉄筋コンクリート造2階建て、塔屋付、銅板葺の登録有形文化財。


郡山市 郡山公会堂
1924(大正13)年
登録有形文化財
設計 : 矢橋賢吉、荻原貞雄
施工 : 清水組
福島県郡山市麓山1-8
撮影 : 2007.4.29
c0112559_16141248.jpg
c0112559_16143942.jpg
c0112559_1615029.jpg
c0112559_16151445.jpg
c0112559_16153879.jpg
c0112559_16155145.jpg
 一見レンガ造りのようにも見えますが鉄筋コンクリート構造。 レンガは表面の装飾だけです。角に建つ階段塔や時計台、3連アーチの入口やドーマー(屋根)窓など、外観はヨーロッパの宮殿を模したものです。
c0112559_1618751.jpg
c0112559_16182483.jpg
 山野草展という盆栽の展示会が開催中で自由に中に入れました。
c0112559_16201550.jpg
c0112559_16203686.jpg
c0112559_1621919.jpg
c0112559_16212593.jpg
c0112559_16215054.jpg
 中はやっぱり公会堂。2階に観覧席こそありますが学校の体育館を思わせるだだっ広い空間でした。
c0112559_162347100.jpg
 天井の塔具の配置は面白い。
c0112559_16245481.jpg
 大きなアーチ窓もいい。
c0112559_16252613.jpg
 一番気に入ったのは講壇のアーチの細工でした。
c0112559_1626184.jpg
 ハーグの平和宮を模したものだそうですが、ずいぶん昔に二度ほどハーグに行ったので、見たことがあるような。今となっては写真もなく、記憶も確かではありません。
by gipsypapa | 2007-05-10 16:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6050159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by もなか at 2009-06-09 16:13 x
ずいぶん前の記事にコメントすみません。
ヴォーリズ、古い建築物が好きでここまでたどり着きました。

郡山市郡山公会堂、地元でありますw。
ハーグ平和宮は知りませんでしたが、大阪の中央公会堂を模したという話を聞いたことがあります。
講壇のアーチ細工、観覧席の配置、正面扉などは、たしかにそうかも?と思います。
ちなみに観覧席ですが、老朽化のため、現在は使用禁止になっています。ちょっと残念。

改めて、地元の宝を再認識させていただきました。
ありがとうございます!

Commented by gipsypapa at 2009-06-09 22:44
もなかさん、
私のやっているような写真ブログは時期は関係なく、見てくれるだけでうれしいです。
ましてヴォーリズ、古い建築物が好きなら大歓迎です。
大阪の中央公会堂と確かに似ています。
大阪の方はもっと部屋数が多いので、複雑な内部構造になっていますが、
外観はよく似ていると思いますよ。
大阪の方もこのブログにアップしていますので、一度見てください。
今後ともよろしくお願いします。
<< 郡山市の安積歴史博物館(旧福島... 日本聖公会 福島ステパノ教会 >>