大阪の吹田文化創造交流館 (旧西尾家住宅:洋風棟)

c0112559_21313775.jpg
 大阪の北にある吹田市に武田五一設計の住宅があると聞いて出かけました。 
 この西尾家は、江戸時代初めからある庄屋の家で、明治中期に建てられた数奇屋造りの主屋のほか離れ・茶室・土蔵・庭園など重厚な旧家の雰囲気を今に伝えています。
 何故、武田五一がこのような旧家の建物に関わったのか、行くまでは分かりませんでしたが、案内してくれたボランティアの人によると、彼の奥さんが西尾家の出だそうで納得。武田五一の設計になるこの離れは第11代当主の隠居所だったとか。大工は武田の住宅建築を多く手がけた三輪彌助だそうです。
 建物は東西の位置に二棟を平行させ、渡り廊下で結ばれています。東の手前が洋風(接客)棟で、奥の建物が和風(居室)棟です。

 なお、武田五一はこの離れを建設するときに同時に主家の改築にも関わっているそうで、その素晴らしい明治の和風家屋も次回に紹介します。

 これらの建物は現在吹田市が管理し平成17年10月から同住宅を「吹田文化創造交流館」として一般に公開しています。入場無料で素晴らしい建物の中が見れますので、関西の近代建築のファンにはお勧めです。

吹田文化創造交流館
旧 西尾家住宅:離れ 洋風棟 1925(大正14)年
大阪府吹田市内本町2-15
設計 : 武田五一
施工 : 三輪彌助
撮影 : 2007.4.14
c0112559_21494234.jpg
 外観は和風住宅ですが、内部は豪華な洋風造りとなっています。
c0112559_21505584.jpg
 使われている雨どいは昔のまま。
c0112559_21513276.jpg
c0112559_2152249.jpg
c0112559_21521746.jpg

c0112559_21524734.jpg
 洋風棟のビリヤード室。天井は格間の広い格天井(ごうてんじょう)で、白漆喰壁に腰板が張ってあるだけの簡素な造りです。なお、さすがにビリヤード台は最近のもの。
c0112559_21553358.jpg
c0112559_21555367.jpg
c0112559_2156186.jpg
c0112559_21563919.jpg
 奥に入ると洋風棟の応接室。この応接室には西側に出窓、南にサンルームがあり、この部屋に来ると武田五一らしさを強く感じます。
c0112559_21585589.jpg
c0112559_21591975.jpg
 応接室にはの出窓の上部とサンルームを隔てる南側の窓上の欄間に素晴らしいステンドグラスが用いられています。花と鳥をあしらったアール・ヌーヴォー風の意匠です。
c0112559_2222377.jpg
 応接室に置かれている家具類もすべて武田五一がデザインまたは選択したものだそうです。以下に各種の凝った家具類をどうぞ。


c0112559_2235994.jpgc0112559_2241757.jpg

























c0112559_2244363.jpgc0112559_2251023.jpg 
























 
 家具類のクオリティは一流です。
c0112559_2261253.jpg
 そして応接室の真ん中にある灯具も武田五一の設計。
c0112559_2275497.jpg
 応接室の床は絨毯で覆われていますが、少し見える床の意匠も武田らしく凝ったデザインです。
c0112559_2293924.jpg
c0112559_2210035.jpg
c0112559_22101998.jpg
 応接室の東側にあるサンルーム。窓にはすべてカットグラスが使われていて高級感とレトロ感を醸し出しています。これらのカットグラスは武田五一がこの離れを作るときに、明治時代の主屋の改修にも使っています。次回に紹介します。
c0112559_22145338.jpg
 離れの洋風棟と和風棟をつなぐ渡り廊下。
c0112559_2217116.jpg
 この渡り廊下には、竹と桜の皮付き丸太の垂木を並べた船底天井が。
c0112559_22183220.jpg
 離れの和風棟。
c0112559_22192560.jpg
 渡り廊下の洋風等側から和風棟を見たところ。
c0112559_22201468.jpg
 離れの鬼瓦はやっぱりアール・ヌーヴォー風でした。
 公共の建物ではなく、自分の親戚に頼まれた住宅ということからでしょう。こじんまりしていますが、自由奔放に自分らしさを発揮したと思われます。武田五一の嗜好を理解するのに最適な建物ではないでしょうか。
by gipsypapa | 2007-05-04 22:31 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/6005483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大阪の吹田文化創造交流館 (旧... 京都の順正・清水店 >>