京都の無鄰庵・洋館

c0112559_1592992.jpg
 明治・大正の元老、山県有朋が使っていた元別荘の洋館です。木造和風の母屋とレンガの洋館そして東山を借景にした庭園が広がっています。
 洋館は煉瓦造り2階建の建物で、一階が倉庫。二階は主室と控えの間の二部屋からなっています。ここで明治36年伊藤博文・山県有朋ら4人が集まり日露戦争開戦を決定したと言われる「無鄰庵会議」が開かれたそうです。現在は京都市が管理。

無鄰庵・洋館 1989(明治31)年
設計 : 新家孝正
施工 : 清水満之助(清水組)
作庭 : 七代目小川治兵衛(植治)
京都市左京区南禅寺草川町
撮影 : 2007.3.11
c0112559_1517733.jpg
c0112559_15173437.jpg
 西側の通りから見える洋館。
c0112559_15182060.jpg
c0112559_15184628.jpg
 庭園に入って東側から。
c0112559_15193023.jpg
 東側一家愛の窓。
c0112559_1520267.jpg
 同じく東側床下の換気口。
c0112559_15213285.jpg
c0112559_15215181.jpg
c0112559_15222482.jpg
 一階は倉庫。煉瓦がむき出しになっています。窓の木枠は新しい。
c0112559_1523385.jpg
c0112559_15235682.jpg
c0112559_15242192.jpg
c0112559_15245147.jpg
 階段を上って二階へ。
c0112559_15254546.jpg
 引き上げ窓の金具。古風な意匠ですが新しそう。
c0112559_1526442.jpg
 こちらの窓の金具は昔通り。
c0112559_15271752.jpg
c0112559_15274591.jpg
 二階の主室です。壁に花鳥図が描かれていますが、窓が閉まっている上にフラッシュ使用禁止でした。暗いです。ほとんど見えないですね。
c0112559_1530305.jpg
c0112559_1530487.jpg
 天井にも豪華な装飾が施されていて、この建物の見所ですが、暗いのでこれが精一杯です。
c0112559_15322324.jpg
 東山を借景にした庭園が広がっています。庭園の水は東側を流れる疎水から引いているとか。作庭はかの七代目小川治兵衛。
c0112559_1437923.jpg
c0112559_14374241.jpg
c0112559_1438099.jpg
 こちらは簡素な数寄屋造りの母屋。洋館より早い1896(明治29)年の築です。
c0112559_14391724.jpg
c0112559_1439406.jpg
c0112559_14401618.jpg
 藪内流燕庵(えんなん)を模してつくられたという茶室。
c0112559_15332941.jpg
 高くはなかったけど、入園料は有料でした。庭も素晴らしいのでいいのですが、2階の主室の照明はもう少し明るくして欲しいです。部屋の手前にロープが張ってあるので、奥までいけず、肉眼でも壁の花鳥図は見難いのです。
by gipsypapa | 2007-04-22 15:39 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/5933059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ラ・ペルラ at 2007-04-26 18:47 x
京都の嵯峨野豆腐は川端康成の小説によって、日本中に有名になり、わたしもいつかは森嘉のお豆腐!と30年思い続け、やっと昨年12月に思いは叶ったのでありました。・・・それまでの10年は秋の京都といえば、南禅寺に必ずよるものですから、奥丹に寄って、湯豆腐で一杯♪が楽しみでした。タクシーの運転手さんに聞きますと、必ず順正!という名前がでていましたから、どのようなところかと!

申し訳有りませんが、とても割高な湯豆腐に、日本人のラーメン好きの血筋が湯豆腐にも・・・・納得しました。
割高なものは良くて当たり前だと、少し頭が冷えた気がしました。
願わくば、順正が(奥丹も)これからも儲かり、いらぬ改造より、オリジナルを大切にしてくれたらと、願うばかりです。まあ、京都の方にそういう無意味な事もうしても、わかりきったことでしょうが~
Commented by gipsypapa at 2007-04-27 23:50
ラ・ベルラさん、若いころに少ない財布の中身をはたいて京都で湯豆腐を食べましたが、高いのに湯豆腐はやっぱり湯豆腐でした。(^^;;
というわけで、それ一回きりです。ただ順正の清水店は建物を見たときにお腹が空いていたら入ったでしょう。なお順正はここだけではなく何軒かあるようです。
今週は出張で忙しくしてました。明日から福島にヴォーリズを見に行ってきます。
<< 京都の順正・清水店 日本生命京都三条ビル >>