日本生命京都三条ビル

c0112559_15385519.jpg
 これも三条通にある建物。レンガの上から石を貼っています。塔屋部分の銅板葺きトンガリ屋根に、辰野(片岡建築事務所)金吾らしさがあります。 入口は南・東の2箇所。昭和58年に角地の塔屋と右側の一部だけを残して取り壊され、増築部(後ろに見える高い建物)とは左側でつながっています。現在1階には、リサイクル着物ショップが入店。レンガ/石張り2階建の登録有形文化財。

日本生命京都三条ビル 1914(大正3)年
登録有形文化財
設計 : 辰野・片岡建築事務所
施工 : 山本鑑之進
京都市中京区三条通柳馬場西入桝屋町75
撮影 : 2007.4.15
c0112559_15463343.jpg
 南の入り口。
c0112559_15471343.jpg
 そのすぐ横に東の入り口。
c0112559_15475410.jpg
 赤レンガが得意の辰野金吾ですが、石造り?と思ったら下には赤レンガが隠れているそうです。
c0112559_15504069.jpg
 1階下部を。
c0112559_15513656.jpg
 南入り口のアップ。
c0112559_15521994.jpg
 ごらんのようにリサイクル着物ショップになっています。
c0112559_15533494.jpg
 入り口のホール中央に着物のマネキン。
c0112559_1554226.jpg
 そのマネキンは8角形の飾りタイルの上に立っています。
c0112559_1555393.jpg
 そこから見上げると、吹き抜けになっていて、ここにも8角形の飾りがありました。
c0112559_15563366.jpg
 辰野金吾にしては大人しい設計です。一方の片岡とは、片岡安のことで石張りを多用した直線的な細部意匠を用いることを得意とした設計者らしく、彼の意図がかなり入っているのではないでしょうか。
by gipsypapa | 2007-04-20 15:58 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/5923147
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都の無鄰庵・洋館 京都三条ダマシン >>