京都の1928ビル

c0112559_15455417.jpg
 京都の三条、河原町通を西に入った一角は街の中心ですが、レトロな洋館がたくさんあります。このビルは元は毎日新聞社の支局ビル。窓やバルコニーにある星形は社章に基づいたもの。
 新聞社ビルの後しばらくは空きビルでしたが、平成10年に京都の新鋭建築家、若林広幸氏の手に渡り、建物は改修されたそうです。
 この建物の名称は、建築年にちなんでつけられたそうで、地階はレトロなカフェ、1階はギャラリー、2階はレストラン、3階ホールは「アートコンプレックス1928」の名称で劇場として使用されています。京都市市登録文化財の鉄筋コンクリート造り地下1階、地上3階建。

1928ビル
旧 毎日新聞京都支局 1928(昭和3)年
京都市市登録文化財
設計 : 武田五一
施工 : 大林組
京都市中京区三条通御幸町東南角
撮影 : 2007.4.15
c0112559_15552647.jpg
 正面のファサード。星型に張り出したバルコニーが強烈です。武田五一の遊び心がよく出ています。
c0112559_1557125.jpg
c0112559_15572516.jpg
c0112559_15574337.jpg
 北側のメインエントランス。
c0112559_15581329.jpg
 1階のギャラリーへ向かう廊下。床のタイルに注目。
c0112559_1559951.jpg
c0112559_15593061.jpg
 ギャラリーにはアバンギャルドな絵が展示されています。入場無料でした。
c0112559_1603481.jpg
 1階の別の小部屋もギャラリーです。
c0112559_1621271.jpg
 地下のカフェに下りる階段。ちりばめられた珍しい飾りタイルが美しい。
c0112559_1643384.jpg
 左側がカフェの入り口です。食事が終わったばかりなので、中には入りませんでした。
c0112559_1654274.jpg
 同じ階段を下から撮りました。
c0112559_1661992.jpg
c0112559_1665528.jpg
c0112559_1672253.jpg
 西面。西南の端にも別のカフェ。
c0112559_168924.jpg
 西面のライトブルーの窓枠も素晴らしい。
c0112559_1692872.jpg

 
by gipsypapa | 2007-04-17 16:15 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/5907751
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都のSACRA 大阪の商船三井築港ビル >>