横浜のカトリック山手教会

c0112559_8341261.jpg
 カトリック山手教会は明治39年に創設された古いカトリックの教会です。最初の教会は大正12年の関東大震災によって完全に崩壊してしまい、現在の建物は昭和8年に再建されたものです。
 尖塔アーチの窓に背の高い鐘塔を持った、典型的なネオゴシック様式の教会建築。チェコ人のJ.J.スワガーの設計による鉄筋コンクリート造平屋建て、地下1階の教会です。

カトリック山手教会
1933年(昭和8)年
横浜市認定歴史的建造物
設計 : J.J.スワガー
施工 : 関工務店
横浜市中区山手町44
撮影 : 2006.4.30
c0112559_8413023.jpg
 エントランス。ラテン語でしょうか?読めません。
c0112559_8421355.jpg
 正面。後方右側にとんがり屋根の鐘塔。
c0112559_843054.jpg
c0112559_8432263.jpg
c0112559_8433748.jpg
 聖堂内部にはカトリック教会らしく華麗な装飾がなされています。
c0112559_8452348.jpg
c0112559_8454145.jpg
 この美しいステンドグラスは、スワガーの出身国チェコのプラハから贈られたそうです。         
c0112559_847333.jpg
 そのほかの窓にはこのステンドグラスがはめ込まれています。枠は新しいが、グラスは当時からのもの。こちらは国産です。
c0112559_84932.jpg
 聖壇も神秘的。
c0112559_8494079.jpg
 手前はカトリック教会に見られる懺悔室。その向こうに大きな円柱が立っていて、ドアがあるのが見えます。この円柱の中を上れば(多分螺旋階段で)尖塔の上部に登れるようです。
c0112559_8515156.jpg
c0112559_8521499.jpg

by gipsypapa | 2007-03-10 08:55 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/5688448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 横浜市山手町のブラフ18番館 横浜市山手町のエリスマン邸 >>