JR東京駅

c0112559_9531367.jpg
 みんなが知っているJR東京駅。私も数え切れないくらい利用していますが、ほとんどの場合は乗り換えのために構内を通過するだけでした。しかしさすがに有名な建物なので、一度は見ておかなくてはいけません。
 八重洲口側は普通の駅ビルですが、丸の内側は辰野金吾設計の堂々とした煉瓦造り。ゴシックとルネサンスの折衷と言われています。当初はすべて三階建てでしたが、戦災で屋根や内部を焼失し、昭和26年に改修されて、現在の二階建て(一部三階建て)、地下一階構造になりました。鉄骨煉瓦造りの重要文化財。

JR東京駅 1914(大正3)年/1951(昭和26)年改修
設計 : 辰野金吾
施工 : 大林組
重要文化財
東京都千代田区丸の内1-9-1
撮影 2006.5.2 & 12.8
c0112559_1063666.jpg
 左右に長い壮大な建築物なので、全貌を撮るにはかなり離れないと無理です。
c0112559_108887.jpg
c0112559_1083023.jpg
 駅舎の中央部は皇室専用出入り口でした。この日(2006.12.8)も警備員が数人立っていました。聞くと外国の要人を受け入れるためだそうです。
c0112559_10104317.jpg
 皇室出入り口の車寄せ近傍。石造りのアーチ縁取りが手が込んでいるのがわかります。
c0112559_10125084.jpg
c0112559_1013812.jpg
c0112559_10133449.jpg
c0112559_1013532.jpg
 駅舎の左右の端、北口と南口は壮大なドーム。ここは見所です。ただしドーム天井はかなりの広角レンズでないと全体が収まりません。私のコンデジではこれが精一杯。
c0112559_10155522.jpg
 好むと好まないとにかかわらず、辰野金吾の建物は派手でいて重厚。(^^)
by gipsypapa | 2007-03-02 10:18 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/5636726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by dattel at 2009-12-13 15:36
今復元工事中なので、完成が待ち遠しいです。
Commented by gipsypapa at 2009-12-14 14:28
dattel さん、
最近、東京で降りる機会がないです。
復元してオリジナルの外観になるらしいですね。
東京ステーションホテルはどうなるのかも楽しみです。
<< 御茶ノ水のニコライ堂 東京の中央合同庁舎第六号館 赤... >>