東京文京区の鳩山会館

c0112559_1105886.jpg
 昨年テレビのニュースで民主党の春の園遊会がここ鳩山会館で開かれているのを見て、一度行きたくなりました。総理大臣を務めた鳩山一郎の自邸でした。イギリス風の外観、アダムススタイルというそうです。明るく開放的な西洋館。一般開放されています。(入館料500円/人)

鳩山会館
旧 鳩山一郎邸
1924年(大正13年)/1995(平成7)年修復
設計 : 岡田信一郎
東京都文京区音羽1-7-1
撮影 2006.5.3
c0112559_1184198.jpg
 坂道を登っていくと木々の間から見えてきます。
c0112559_1193824.jpg
 こちら西側が入り口です。
c0112559_11103042.jpg
c0112559_11104692.jpg
 期待を持たせるエントランスポーチ。
c0112559_11113936.jpg
 東側に大きな庭園があり芝生と花が一杯。ここで園遊会が行われたわけです。
c0112559_1113524.jpg
 東面二階の大きな窓。
c0112559_11135539.jpg
c0112559_1114747.jpg
 正面北側です。東面と同様にドーマーウィンドウ(屋根窓)がありますが、建物自体の窓は東面より小ぶり。
c0112559_1116621.jpg
 北西のコーナー。半円アーチ窓が多く使われています。
c0112559_11181387.jpg
 二階のベランダから正面妻面を。鳩山家だけに鳩がいます。
c0112559_11192927.jpg
 エントランスを中から。
c0112559_1120234.jpg
 正面に階段。
c0112559_11202687.jpg
 一階のサンルームを通って庭園に出ることが出来ます。
c0112559_11211526.jpg
 一階の広間。手の込んだデザインの絵ガラス。
c0112559_11222521.jpg
 廊下の小窓。
c0112559_11225368.jpg
 一階の居間から見たサンルーム。大きな半円アーチ窓が素晴らしい。
c0112559_11234761.jpg
c0112559_1124070.jpg
 階段の正面踊り場にある有名なステンドグラスです。五重塔をあしらった和風の絵に、やはり鳩が飛んでいます。
c0112559_11254310.jpg
 階段を登りきったところの廊下。
c0112559_1126990.jpg
 二階の洋間。
c0112559_11263873.jpg
 二階には和室も。
c0112559_1127586.jpg
 二階の大広間。パーティなどに利用されるそうです。
c0112559_11274913.jpg
 大広間は東側の窓が大きいのであくまでも明るい。
c0112559_1129773.jpg

by gipsypapa | 2007-02-26 11:34 | 建築 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/5609456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ひろの東本西走!? at 2007-02-26 23:07
タイトル : 灼熱の東京を歩く(鳩山会館、明日館ほか)
先日、東京日帰り出張時に用事が早めに終わったため、池袋のジュンク堂で業務関連書籍を探すついでに久々に東京近代建築探訪を敢行しました。東京は京都・大阪に比べると湿度が低くカラッとした暑さとの印象があった... more
Tracked from 関根要太郎研究室@はこだて at 2009-08-07 00:01
タイトル : 東京文京区の鳩山会館(大正モダン邸宅探訪)
◆東京音羽の旧鳩山一郎邸   ・・・・・音羽の鳩山御殿は当時最先端の鉄筋コンクリート製住宅  先日、久しぶりに音羽の鳩山会館を訪ねた。鳩山会館といえば首相も務めた政治家・鳩山一郎の邸宅として、大正13(1924)年に建てられたもの。また10年ほど前から一般に公開され、東京でもよく知られた戦前築の洋館のひとつだ。  この鳩山会館を久しぶりに訪れたのには、ちょっとした訳があった。  実は先月に東京三鷹の山本有三記念館(旧清田龍之介邸、大正15年築)を訪ねたさい、同記念館の案内スタッフの...... more
<< 東京の中央合同庁舎第六号館 赤... 神戸御影の旧乾邸 >>