神戸ムスリムモスク

c0112559_94497.jpg
 神戸の三宮、生田神社の北西の一角に日本最古の回教寺院があります。神戸のムスリム(イスラム教徒)達が、組織を立ち上げ寄付金を募った末に、インド人建築家の設計により建設されたそうです。モスク特有の大小4本の塔や大きな玉ねぎ形ドームが特徴。鉄筋コンクリート造り3階建。個人的に頻繁に中近東に仕事で行くことがありましたが、向こうではムスリム以外は中に入れません。この神戸のモスクは見学自由だそうで、中も見ることができ貴重な経験になりました。なお見学は正面中央の入り口でなく、向かって左にある通用口から入ります。

神戸ムスリムモスク(神戸回教寺院) 1935(昭和10)年
設計 ヤン・ヨセフ・スワガー(スワガー建築事務所)
建設 竹中工務店
神戸市中央区中山手通2-25
撮影 2006.4.22
c0112559_9521213.jpg
 正面エントランス。
c0112559_9522863.jpg
 イスラムらしい形の尖塔アーチ窓。この色ガラスはキリスト教の教会にも使われます。このガラスの窓は間違いなく外からより中から必見。
c0112559_9531879.jpg
c0112559_9534315.jpg
 礼拝堂前の回廊。赤い絨毯と窓の黄金色がイスラムの世界へ案内してくれるようです。
c0112559_955955.jpg
 礼拝堂の中。モスクには偶像廃止のイスラムの教えから余計なものはありませんが、想像していたより華麗です。西側の壁面に窪みがありますが、これが聖地メッカの方向を向いています。 
c0112559_959531.jpg
c0112559_9592090.jpg
 差し込む黄金色の光が素晴らしい建物でした。
c0112559_1004663.jpg

by gipsypapa | 2007-02-11 10:05 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/5501638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kumi at 2007-02-11 12:30 x
またまたお邪魔します。

こんな教会があって、中まで見られるなんて初めて知りました。
ガラスの色が差しこむ光りとともに素晴らしいですね。

イスラム寺院はエジプト、イスラエル、トルコで見たけれど、大きくて立派すぎて日々の祈りの場という感じはなかった。

キリスト教会と違って、やはりイスはないのですか?

床に座ってメッカの方角に向かってお祈りするのでしょうけど、絨毯が1人1人のスペースを区切る絵柄になってませんでしたか?

こういう建築も竹中工務店がやるんだーーーと思いました。
Commented by gipsypapa at 2007-02-11 17:00
kumi さん、トルコやイスラエルは行ったことがないけど、そういえばトルコのモスクはNHKの世界遺産シリーズで見ました。中東のサウジアラビア、UAE、オマーンなどの国のモスクとは違いますね。歴史もトルコの方が古いけど、建物の立派さを競って建てられたような。そして一般観光客が入れるようになっている。
椅子?それはないね。みんな正座してお祈りしますので。このモスクでは絨毯の色を変えたりはしてなかったです。スペースはあまり広くないです。
竹中工務店は今でこそジェネコンで大型建築を主体にやっていますが、歴史も長く、こんなのもやっていた時代があったのですね。ヴォーリズ建築でも教会を建てたりしています。浪花教会も。あとヴォーリズ・竹中では解体問題で話題の室谷邸とか、これも昔取り壊しで有名になった豊郷小学校とか。そうそう、関西学院や神戸女学院はほとんど竹中工務店なのです。
<< 軽井沢のショー記念礼拝堂 高槻市のK邸 >>