台東の三仙台跨海歩橋

c0112559_08092255.jpg
3日目は、高雄から太平洋側(東側)を北上して花蓮を目指しました。途中、台東で観光地に立ち寄り。まずは海蝕景観や奇石が分布し、奇景が楽しめる三仙台です。巨大な岩石が3つあり、伝説に呂洞賓、李鐵拐、何仙姑の3仙人がここに来たということで、三仙台と呼ばれているそうです。海水の侵蝕によって陸と切り離され、離島になっっていましたが、30年前に三仙台に渡る橋が完成し、観光名所になりました。

三仙台跨海歩橋
1987(昭和62)年
設計・施工 : 不明
台東県成功鎮三仙里基翬路74号
撮影 : 2017.4.18
c0112559_08101622.jpg
c0112559_08103416.jpg
c0112559_08110065.jpg
c0112559_08111675.jpg
橋のアーチは八つあります。
c0112559_08115293.jpg
駐車場から橋まで遠いので近くに行く時間がありません。この辺がツアーの不便なところ。見たいところの時間が短く、行きたくもない土産物屋などが長い。
c0112559_08130170.jpg
ということで、近接写真はネットから借用しました。
c0112559_08134249.jpg
c0112559_08140068.jpg

by gipsypapa | 2018-01-12 08:14 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/29068641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2018-01-14 17:47
こんな渡りにくい橋じゃなくてもイイのに、
と思っちゃいました。
台湾人、こういう橋が好きなんでしょうか。
Commented by gipsypapa at 2018-01-15 07:47
j-garden-hirasato さん
どう考えても
観光目的に架けられた橋でしょうね。
日本にもこの種の太鼓橋がありますが
なぜそんな渡りにくいのが
あるのかも不思議です。
<< 台東の八仙洞遺跡 高雄の美麗島駅 >>