藤島山 円長寺

c0112559_08351743.jpg
ひがし茶屋街シリーズの最後です。1586(天正14)年に創建され1596(慶長元)年に現在地に移転し建立されたそうです。加賀藩の三代目藩主だった前田利常が鷹狩などでの休憩所として利用した円長寺です。今も前田利常公の位牌が置かれているとか。木造平屋建て。

藤島山 円長寺
1865(慶応元)年(御輪堂)
設計・施工 : 不明
金沢市東山1-4-40
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08355098.jpg
c0112559_08360629.jpg
本堂の築年は分かりませんでした。
c0112559_08370312.jpg
白となまこ壁の蔵のような建物があります。御輪堂で、1865(慶応元)年に建立されたものです。
c0112559_08373306.jpg
時代的には「ひがし茶屋街」が町割りされて、しばらくしてから建てられたわけです。

by gipsypapa | 2017-12-23 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/28715097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-12-24 06:09
蔵にエラく立派な屋根が付いていますね。
財宝、ザックザクということでしょうか(笑)。
Commented by gipsypapa at 2017-12-25 09:53
j-garden-hirasato さん
入り口のむくり屋根ですね。
バランス的に
以上に巨大で立派でした。
<< 主税町茶屋街 東山の寿苑 >>