東山のレストラン自由軒

c0112559_08141958.jpg
ひがし茶屋街の入り口にある洋風建築。1909(明治42)年創業の老舗洋食屋「レストラン 自由軒」です。店舗は看板建築でレトロに見えますが、ネット情報では、1933(昭和8)年に自由軒が改築された時の形だとか。ということは、近年ファサードを復元したものでしょうか。木造2階建て。

レストラン自由軒
1933(昭和8)年か?
設計・施工 : 不明
金沢市東山1丁目6-6
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08145439.jpg
最初の写真の上部に切妻の屋根が見えているので、昭和初期に流行った看板建築です。このときはすごい行列でした。
c0112559_08152050.jpg
この写真以降はネットから借用しています。2階は半円アーチ窓。壁モルタル仕上げで、不思議な文様があります。
c0112559_08161106.jpg
c0112559_08162369.jpg
c0112559_08163821.jpg
c0112559_08171644.jpg
c0112559_08173258.jpg
外観の割りに、内部は和風です。
c0112559_08175866.jpg
c0112559_08181192.jpg
オムライスや・・・
c0112559_08184273.jpg
c0112559_08190105.jpg
タンシチューが人気だそうです。
c0112559_08193034.jpg

by gipsypapa | 2017-12-20 08:19 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/28664952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-12-21 19:38
メニューも懐かしい感じがイイですね。
Commented by gipsypapa at 2017-12-22 08:26
j-garden-hirasato さん、
そういえば、家では食べますが
外食でこの手の洋食は食べなくなりました。
<< 東山のきんつば中田屋 ひがし茶屋街 東料亭組合 >>