金沢文芸館


c0112559_08253546.jpg
尾張町を東に歩くと三叉路に突き当たります。その橋場交差点の手前の角地にもう一つ洋風建築「金沢文芸館」が建っています。昭和初期に高岡銀行橋場支店として建築されたもので、その後、石川銀行橋場支店を経て、改修され、現在は市が管理する金沢文芸館となり、文学・文芸の活動拠点として使用されています。

ネオルネサンス式を単純化した外観で、外壁は石貼り。高さ方向は胴蛇腹で上下ほぼ1対2に分割し,出入口の両側はイオニア式の付け柱で飾っています。敷地の形状に合わせた、風変わりな平面形状に、曲面で構成された立面をもち,旧三田商店と同様に地域のランドマークになっています。国の登録有形文化財の鉄筋コンクリート造り、4階建て。

金沢文芸館
旧石川銀行橋場支店
1929(昭和4)年
登録有形文化財
設計・施工 : 清水組
金沢市尾張町1-7-10
撮影 : 2017.3.8
c0112559_08263927.jpg
鉄筋コンクリート造りですが、石貼りで窓の開口部は要石を配して、石造りに見せています。
c0112559_08271086.jpg
4階建てですが、最上階だけ天井が高くなっていて、銅蛇腹を境に下層の3階が2、最上階が2の割合です。
c0112559_08274252.jpg
c0112559_08275991.jpg
近くの旧三田商店が昭和6年完工で大林組の設計、施工。こちらはその1年前の完工で清水組。競い合っているようで興味深いです。
c0112559_08283144.jpg
c0112559_08284489.jpg
グーグルマップで平面形状を確認。不思議な形です。
c0112559_08291722.jpg
中へ入ります。入場無料です。
c0112559_08295747.jpg
c0112559_08340050.jpg
c0112559_08344632.jpg
五木寛之関係の展示品や「泉鏡花文学賞」と「市民文学賞」の全受賞作品が閲覧できます。
c0112559_08352694.jpg
c0112559_08361775.jpg
手前にある枯木橋から。
c0112559_08364651.jpg
東内惣構堀に明治7年に架けられた石橋です。当時の欄干がそのまま残っています。
c0112559_08373058.jpg

c0112559_08375314.jpg
明治時代のガス燈を復元したそうです。

by gipsypapa | 2017-12-04 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/28464675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-12-05 06:49
大きさの割に堂々として見えるのは、
石張りの効果でしょうか。
上から見ると、
かなり不整形な形ですね。
苦労の跡が見られます。
Commented by gipsypapa at 2017-12-06 12:25
j-garden-hirasato さん
和風の商家が多い町並みのなかで
この建物は角地にあることもあって
よく目立ちます。
設計者は苦労したでしょうね。
<< 梅梅(めいめい)金沢 尾張町のギャラリー三田 >>