三国町の料理茶屋「魚志楼」

c0112559_08152454.jpg
三国町の最後です。あらかじめネットで調べて、昼食はここ魚志楼(うおしろう)と決めていました。すでに紹介したように九頭竜川河口の東岸沿いには北前船貿易を営む廻船問屋が軒を連ねていました。その繁栄にを背景にして、町には料亭やお茶屋が林立し、花街としても賑わったそうです。

「魚志楼」はかつての花街にあった芸妓の置屋でした。初代松崎四郎平が明治初期に創業し、四郎の名から志楼となったそうです。建物はこれも三国特有の「かぐら建て」の町家。平入りの表部分は店舗になっており,右手の渡り廊下に沿って座敷が並んています。小規模ですが、袖壁を付けた軒の低い外観と内部の造りは往時の湊町の賑わいをよく伝えるとして、東西の蔵や奥座敷とともに国の登録有形文化財に指定されている、木造2階建て。

料理茶屋 魚志楼
松崎家住宅主屋
明治初期
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
福井県坂井市三国町神明3-7-23
撮影 : 2017.3.7
c0112559_08171125.jpg
実はここにたどり着くまでに、急に激しい雨に合い、やっとたどり着いたのでした。出るときには雨はやんでいましたが、外観はくすんだ写真しか撮れません。
c0112559_08190979.jpg
ということで、以下2枚はネットの写真を借用しています。
c0112559_08195985.jpg
c0112559_08204084.jpg
c0112559_08205787.jpg
c0112559_08211540.jpg
私たちはカウンターです。
c0112559_08214847.jpg
c0112559_08220822.jpg
c0112559_08222815.jpg
背後に座敷が一部屋あり、ここも食事処になっています。
c0112559_08231082.jpg
c0112559_08233154.jpg
以下2枚は食べログから借用します。
c0112559_08242234.jpg
c0112559_08244183.jpg
トイレを借りるついでに奥も見学しました。
c0112559_08253598.jpg
c0112559_08255944.jpg
c0112559_08261602.jpg
c0112559_08263863.jpg
離れの座敷は1873(明治6)年の建造だそうです。
c0112559_08265717.jpg
座敷の金屏風や襖絵は当時のままに見えます。
c0112559_08280664.jpg
c0112559_08282536.jpg
c0112559_08284719.jpg
以下の3枚は食べログの写真です。美しい坪庭があります。
c0112559_08300531.jpg
連れは店の名物の甘えび天丼・・・
c0112559_08311552.jpg
私は海鮮丼をいただきました。
c0112559_08314504.jpg
店を出ると雨は上がっていました。三国駅からえちぜん鉄道で福井へ戻り、JRに乗り換えて金沢へ向かいました。

by gipsypapa | 2017-11-16 08:32 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/28271481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-11-18 05:24
素敵なお店ですね。
往時なら、
庶民など足を踏み入れることもできなかったでしょうか。
それにしても、広いですね。
坪庭なんかもちゃんと設えてあって、
贅沢な空間です。
Commented by gipsypapa at 2017-11-18 08:58
j-garden-hirasato さん
私もお気に入りの店です。
いつかまた
季節がいいときに行きたいです。
それも夜がよさそう。
<< 15年ぶりに金沢へ 三国町の坂井家住宅 >>