三国町の旧岸名家住宅

c0112559_08325326.jpg
旧岸名家は代々材木商を営んでいた新保屋岸名惣介(しんぽやきしなそうすけ)の町屋でした。江戸末期に建てられた、奥深い切妻造り妻入の主屋の手前に、平入の表屋を直角につなげた、いわゆる「かぐら建て」で、三国湊独特の商人文化を代表する建物です。一階の前面は大戸や蔀戸(しとみと)になっています。

屋内は低い天井に、畳敷の部屋が並び、瀟洒で華やかな中にも落ち着いた伝統的な色彩の土壁が塗られています。近年修復工事が行われ、ほぼ昔の姿に復元されたとか。国の登録有形文化財の木造2階建て。

旧岸名家住宅主屋
江戸末期(天保年間)
登録有形文化財
設計・施工 : 不明
福井県坂井市三国町北本町4-6-54
撮影 : 2017.3.7
c0112559_08342135.jpg
c0112559_08344450.jpg
c0112559_08350063.jpg
c0112559_08351411.jpg
c0112559_08352839.jpg
c0112559_08354242.jpg
c0112559_08355501.jpg
c0112559_08361190.jpg
c0112559_08363020.jpg
c0112559_08364560.jpg
c0112559_08370095.jpg
c0112559_08371596.jpg
c0112559_08373492.jpg
c0112559_08375031.jpg
c0112559_08380861.jpg
c0112559_08382281.jpg
c0112559_08383899.jpg

by gipsypapa | 2017-11-10 08:38 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/28225604
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-11-11 07:21
立派な町屋建築です。
往時は、
相当繁盛していたんですね。
Commented by gipsypapa at 2017-11-11 09:26
j-garden-hirasato さん
こういう上質な町家が残っているのが
三国町の魅力です。
あといくつかアップする予定です。
<< 三國湊町家館(三国湊まちなか案... 三国町のマチノクラ >>