岡本太郎記念館

c0112559_08004712.jpg
ブルーノート東京でチコ&ザ・ジプシーズのライブがあったので、東京へ。何回か通ったったことがある道の途中にあり、前から気になっていた岡本太郎記念館へ入ってみました。

岡本太郎が1996(平成8)年に84歳で亡くなるまで、40年以上使用していた住居兼アトリエで、設計はル・コルビュジェの弟子で、モダニズム建築を実践した坂倉準三(1901-1969)。岡本がパリに留学したときの友人だったとか。担当は1941年に坂倉の事務所に入所した村田豊です。木造2階建て。

岡本太郎記念館
旧岡本太郎邸
1954(昭和29)年
設計 : 坂倉準三、村田豊
施工 : 不明
東京都港区南青山6-1-19
撮影 : 2016.11.26
c0112559_08012418.jpg
コンクリートブロック積みの壁の上に凸レンズ形の屋根が乗った、独特な形をしていますが、これは岡本の要望だったとか。正面の壁には、岡本が描いた顔をデフォルメした絵と「TARO」の赤いサインが入っています。
c0112559_08020831.jpg
敷地に入るとすぐ右側に庭があり、作品がたくさん展示してあります。ここまでは無料で入れるようでした。
c0112559_08024512.jpg
c0112559_08030470.jpg
庭中に植えられているトロピカルな植物は芭蕉でしょうか。
c0112559_08033156.jpg
c0112559_08035013.jpg
岡本太郎らしい、独特なフォルムの作品ばかり。
c0112559_08044882.jpg
c0112559_08050520.jpg
c0112559_08052569.jpg
c0112559_08054262.jpg
大阪万国博の太陽の塔の構想もここで練られたそうです。
c0112559_08062210.jpg
入館料は620円を払って中へ
c0112559_08065637.jpg
c0112559_08071797.jpg
c0112559_08073336.jpg
ドッキリの仕掛けも。爆発だ~っ!という声が聞こえてくるような。
c0112559_08083859.jpg
c0112559_08085560.jpg
柱同士のスパンが大きい設計で、吹き抜けのアトリエになっています。
c0112559_08094003.jpg
c0112559_08095920.jpg
住居部は2階建て。
c0112559_08103091.jpg
c0112559_08104975.jpg
c0112559_08110657.jpg
c0112559_08112145.jpg
鮮やかな色使いの作品群と、遊び心がある建物の意匠が調和して楽しい空間です。
c0112559_08115299.jpg
c0112559_08120960.jpg

by gipsypapa | 2017-09-26 08:12 | 建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/27729411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jobi at 2017-09-26 11:18 x
都会のど真ん中のトロピカルな植物のある庭にお住まいだった太郎さん。
家の中は生活臭がないのでわかりませんがモダンですね。
「爆発だ!」の名セリフが聞こえてきそうです。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-09-27 06:47
去年かな、訪れました。
とても刺激されました。
2階の展示、
変わるんですね。
また、行ってみたいです。
Commented by gipsypapa at 2017-09-27 08:27
jobi さん、
確かに生活臭はないですね。
もともとそういう生活だったのか、
美術館として整備したときに
意識的に変えたのか
どっちでしょう。
ともあれ楽しいところでした。
Commented by gipsypapa at 2017-09-27 08:30
j-garden-hirasato さん、
ああ、行かれましたか。
私もお気に入りの記念館です。
2階の展示が変わっているんですね。
あの程度の入館料では
維持が大変でしょうが
長く続けて欲しいです。
<< 根津美術館 JR日高本線沿いの街道を走って帰路へ >>