十勝平野を走る

c0112559_08033026.jpg
3泊目、最後の宿は十勝幕別温泉のホテルでした。最終日は十勝平野を南下して襟裳岬に向かいました。十勝平野(とかちへいや)は、北海道東部の十勝川流域に広がる平野で、西は日高山脈、北は石狩山地、東は白糠丘陵に囲まれ、南部は太平洋に面した台地性の平野。広大な畑作地帯で、豆類やジャガイモの生産が多く、酪農も盛んな地域です。
撮影 : 2016.11.7
c0112559_08040649.jpg
関係ありませんが、泊まったホテルのロビーにクラシックカーがありました。1929年型フォード・キャブリオレのレプリカだとか。
c0112559_08043684.jpg
十勝川本支流の流域に広がっています。
c0112559_08050368.jpg
一昨日の雪が残っています。
c0112559_08053596.jpg
土壌浸食を防ぐカラマツやシラカバの防風林が見事な景観。
c0112559_08060637.jpg
「日本のウクライナ」ともいわれるほど畑作が盛んな地域なのです。

by gipsypapa | 2017-09-22 08:06 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/27651100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-09-23 06:25
雄大な景色、
北海道はデッカイどー!
そんなコマーシャルがありましたが、
そう叫びたくなりますよね。
Commented by gipsypapa at 2017-09-24 08:51
j-garden-hirasato さん、
北海道は牧草地や畑が多いので
ヨーロッパじゃないかと思う風景が
あちこちにありますね。
でも11月初旬でこれですから
冬は厳しそう。
<< 襟裳岬と灯台 霧多布湿原センター >>