納沙布岬(のさっぷみさき)と灯台

c0112559_08230201.jpg
3大岬巡りの2番目の訪問地は納沙布(のさっぷ)岬です。根室半島の先端、東経145°49′、北緯43°22′に位置し、離島(東京都小笠原村の南鳥島や北方四島)を除けば日本の本土最東端です。

先にアップした稚内の野寒布(のしゃっぷ)岬は樺太(カラフト)を望む岬でしたが、ここは北方四島や知床半島を望むことができる、風光明媚の地で、一般人が訪問可能な日本最東端地点です。
撮影 : 2016.11.6
c0112559_08234651.jpg
「四島のかけはしと祈りの火」のモニュメント。
c0112559_08241849.jpg
c0112559_08243717.jpg
地図があります。北方四島の歯舞群島のうち、貝殻島と水晶島が目の前です。
c0112559_08250604.jpg
c0112559_08252321.jpg
望郷の塔オーロラタワー。少し内陸側に立っています。
c0112559_08254808.jpg
納沙布岬灯台

c0112559_08260584.jpg
納沙布岬の突端に立つ白亜塔形の中型灯台で、現存する北海道最古の灯台です。初代納沙布岬灯台は1872(明治5)年に 「日本の灯台の父」と称される英国人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計により建設、点灯されました。

当時の灯台は六角木造で光源に石油を使用していたそうです。1930(昭和5)年に現在のコンクリート造りの灯台に改築され、職員が灯台に滞在し管理していましたが、 1998(平成10)年から無人化されています。「日本の灯台50選」の鉄筋コンクリート造り。

納沙布岬灯台
1930(昭和5)年
日本の灯台50選
設計・施工 : 不明
北海道根室市納沙布
c0112559_08271670.jpg
c0112559_08274225.jpg
海上保安庁のHPにある写真を借用しました。
c0112559_08283898.jpg
これ以下もネットから借用しています。
c0112559_08291467.jpg
右上に見えているのは貝殻島か?


by gipsypapa | 2017-09-20 08:30 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/27608949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-09-21 06:53
本土最東端ですか。
最果てって感じがイイですねえ。
Commented by gipsypapa at 2017-09-21 15:28
j-garden-hirasato さん
北方領土が目の前です。
昔はこのすぐ先で漁をしていたんですね。
今、船を出すと
ロシアの船につかまるそうです。
<< 霧多布湿原センター JR東根室駅 >>