瑞芳駅と瑞芳の町並み

c0112559_07481010.jpg
瑞芳は(ずいほう)は、この日の目的地の九份(きゅうふん)に行くときの最寄の鉄道駅がある町です。瑞芳の街並は、日本統治時代の面影を色濃くとどめていて、路地や石段は当時に造られたものだそうです。瑞芳駅は1919年開業した駅で、近代的に改造されていますが、昔の風情を残しています。。

瑞芳駅(瑞芳車站)
1919(大正8)年
設計・施工 : 不明
新北市瑞芳区龍潭里明燈路3段82号
撮影 : 2016.9.5
c0112559_07484360.jpg
ネットにあったホームの写真を借用しています。
c0112559_07492122.jpg
改札の周辺は日本と同じです。
c0112559_07501852.jpg
c0112559_07503871.jpg
駅前広場です。
c0112559_07512493.jpg
c0112559_07514627.jpg
c0112559_07520076.jpg
町の中はバスで通過しただけでした。

by gipsypapa | 2017-08-22 07:52 | 建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26931524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 九份の路地を散策 十分老街と天燈上げ >>