北国街道 安藤家

c0112559_08514710.jpg
旧開知学校前の道路を北に進むと北国街道(ほっこくかいどう)です。安藤家は、室町時代からこの長浜に移り住んだ旧家で、賤ヶ岳合戦(1583年)では秀吉に協力したとか。秀吉は町衆の中から長浜の自治を委ねる「十人衆」を選び、安藤家はその一つとして、町衆文化の一翼を担い、江戸時代は三年寄の一家として、長浜町の発展に尽力したそうです。

現在の建物は明治38年から大正4年にかけて建てられたもので、虫籠窓、紅殻格子などが施された造りは、長浜を代表する近代和風建築の一つです。

安藤家のもう一つの見どころが、庭園です。「古翠園(こういえん)」と名付けられた庭園は、長浜で多くの庭園を手掛けた庭師、布施宇吉(植宇)によるもの。巨石をあしらった池泉回遊式の庭です。

北国街道 安藤家
1915(大正4)年
設計・施工 : 不明
作庭 : 布施宇吉(植宇)
滋賀県長浜市元浜町8-24
撮影 : 2016.11.18
c0112559_08530404.jpg
c0112559_08532055.jpg
c0112559_08533388.jpg
c0112559_08534976.jpg
玄関から覗いただけですが、書院の小蘭亭(しょうらんてい)の美術は北大路魯山人(きたおうじ ろさんじん)の代表作とかで、この像は北大路魯山人でしょうか。
c0112559_08543092.jpg
HPから。
c0112559_08550202.jpg
古翠園の写真はネットにあったものを借用しています。
c0112559_08554336.jpg
c0112559_08560280.jpg
c0112559_08561851.jpg
c0112559_08563453.jpg
これもネットにあった小蘭亭の写真。安藤家離れの「小蘭亭」にある天井絵・篆刻 額・篆刻扉・襖・障子などは魯山人の作品です。
c0112559_08572307.jpg
これと以下の内部写真は画像検索で出てきた「のぶちんのトラベろぐ」という見所が多いブログから借用しました。
c0112559_08575479.jpg
c0112559_08583805.jpg
このときは他にも見たい建物が多くあったので、パスしてのですが、もしチャンスがあれば、中や庭を見たいです。ちなみに入館料は400円です。

by gipsypapa | 2017-08-01 08:59 | 建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gipsypapa.exblog.jp/tb/26857014
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-08-02 06:44
立派なお庭もあるのですね。
以前、長浜へ庭巡りに行ったとき、
ココは行きませんでした。
旧家とお庭、
見てみたいですねえ。
Commented by gipsypapa at 2017-08-02 08:42
j-garden-hirasato さん
そうなんですよ。
通りから眺めただけでは
中がそんなに
すばらしいとは思いませんでした。
機会があれば再訪したいです。
<< 北国街道 浄琳寺 長浜旧開知学校 >>